忍者ブログ
マルコを愛でつつ漫画「嘘喰い」の感想等書いていきます。 感想というか考察メモみたいな感じでかなりネタバレ含みますので漫画未読の方は要注意です。 週刊の方の感想→多分毎週末更新、単行本感想→不定期更新です。
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    嘘喰い 第343話-万馬券-感想

    最近の嘘喰いは私得すぎてテンションがおかしな事になりそうです(〃´Д`〃)
    特に今回は血圧上昇で倒れるんじゃないかと思いましたというか今もそんな感じですが、なんとか抑えて嘘喰い 第343話-万馬券-感想逝きまーす☆⌒☆⌒(*。Д。)




    まず、アンタッチャブルラインは思ったよりも普通のガチバトル、というか唯のリンチでした!!

    まぁルールをまとめると、

    ハンター

    人数はアンタッチャブルの
    グローブでアンタッチャブルを殴るポイントが貯まる
    制限時間10分間
    ポイント数1位のハンターが賞金名誉ゲット

    アンタッチャブル

    10分以内合計100秒間ハンターの攻撃に耐えたら勝ち
    手をつくor倒れたらその間タイムカウントストップ
    アンタッチャブルライン(輪っか)に入ってる間はハンターから攻撃されない
    ・一つのアンタッチャブルラインに10秒以上留まるとインナーから電気ショック受ける
    ・一つのアンタッチャブルラインにつき一人のアンタッチャブルしか入れない
    同じアンタッチャブルラインに連続で入る事は出来ない
    ・アンタッチャブルラインに入ってる間はタイムカウントストップ

    そして観客は、どのハンターが一番多くポイントを稼ぐか、もしくはどのアンタッチャブルが100秒達成できるかに賭ける訳ですね。

    前回アホ丸出しな考察書いてしまいましたが、なるほど、グローブですか・・・センサーが反応するのはアンタッチャブルのインナーに対してだけなのでしょうか?それなら頭等を重点的に殴られるとい事はなさそうですね。どっちにしろ残酷なのに変わりないですが・・・(ノД`)

    また、アンタッチャブルにも”勝利”や”安全地帯”が用意されてるのがさらに残酷ですね・・・勝利といっても運営は勝たせる気0、アンタッチャブルラインにも悪意しか感じませんが。もちろんアンタッチャブルに賭ける客もいません、いままでは・・・( *`艸´)
    どうやら運営は奴隷以下はプロトポロスのプレイヤーとしては認識して無い様ですね

    さらに、こんな島が世間に知れたら大問題になりそうな物ですが、いままでそれが無かったのは、市民以上のプレイヤー達には何一つ不満を抱かせないようにしつつ、一度理不尽な扱いの奴隷以下に落ちた者の市民以上のランクへの復活を確実に防ぐことによって、彼らが外に出て世間に島の秘密が流れる事を防いでいるからなのだそうです。
    あと、島の場所秘密にしてる時点で、万が一市民以上のプレイヤーが外でオフプロの事を喋ったとしても、多少気候等で場所を絞れたとしても無人島はともかく個人所有の島をかたっぱしから調べるのは無理でしょうしね・・・

    ちなみに、いかにも貘さんにぺロリといかれそうな闘技場支配人登場!!
     なんと亜面立会人より大ゴマ!!

    あと亜面立会人思ってたより若いかもしんないです・・・ちゃんみだと一緒で分かりにくいけど物腰とかから30~40代と予想。
    白い部分は実はとかかも・・・
    彼が待機してるという事はやはりラロ組も闘技場に来てるって事でしょうか?それとも梶ちゃんかマルコについてるだけ??
    伽羅さんは(あと我が世も)もう着いたのかな・・・

    それからトップハンターの報酬の名誉って何だろう?前回ハンター志願とか言ってたし、正式にハンターになれるとか?でも中には何度も参加してるっぽいのもいるし・・・(。-`ω´-)うむむ分からないのでとりあえず置いといて、

    もしアンタッチャブルが100秒間耐えて勝利したら、今度は島全体で行われるメインステージなる物に進まされるようですが、詳細はまだ謎ですがこれは一気に王に近づくチャンス!!な展開を予想していいのか!?

    とりあえず当然ながらショゥドの奴隷からの勝者は0でビビリ倒すトラボルタとび太パチャンガ、他の3人よりマシだけどチャンプだのみなりゅうせい。次はいよいよチャンプ達の番です!

    まずはネタぎっしりのオッズ表。だいたい平均8倍のハンター陣に対し、トラボルタ避けたアンタッチャブル陣の平均は40倍くらいかな。

    ハンター陣、人気のエガ(1.5倍)はいつも前の方でドヤ顔してるコイツ↓のことかな?
    つね男とかいうのはたいした事無さそう、そしてエガに次いで人気のああああおまえ本当にそれで良かったのかっ( ゚д゚c)シ( ゚∀゚)っ))パッ!!

    アンタッチャブル陣のオッズは、運営が見た目で適当につけてるらしいですが適当ってか賭けるやついないからって完全に遊んでますよねこれw
     後からマルコは並・50倍と出てきます。
    マルコがりゅうせいよりも弱いのは右腕の怪我のせいかな??パチャンガは100倍?あと梶ちゃん、KAJIじゃなくそのままカジだったのね(・艸・`)
    そしてなによりトラボルタの300倍!!合ってるっちゃあ合ってるけど(∀;)
    運営のこの遊びがまさかの大打撃を呼ぶのでしょうね。((p゚∀゚q))ワクワク

    一方チャンプ達の作戦は(というか貘さんがチャンプと梶ちゃんに伝えただけっぽいですが)、皆でトラボルタ一人を守り勝たせ、1000Bios(あっち向いてホイの1618Bios+梶ちゃん&マルコの400Bios-参加費1000Bios)トラボルタに賭けた貘さんが配当金30万Biosでチャンプ達全員を市民にする、というものでした!!

    貘さんマジかぁぁぁぁぁΣ(*゚艸゚*)
    やっぱり前回のアレは本気だったんですね!貘さんはツンデレだったんですね!!
    340話の「でも俺がなるのは奴隷の王じゃないんだよね」は実は「俺がなるのは奴隷である今のお前らの王じゃないんだよね」だったんですねヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャ
    ではこれからは奴隷組で騎士目指す展開か(´∀`*)ワクワク
    結構使えるチャンプに嫉妬する梶ちゃんが予想されますヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャ

    ただ全員ってどの全員だろう・・・?アンタッチャブルに堕ちた7人?まさかテイパーの奴隷全員ってことは無いだろうけど、あっち向いてホイに参加した奴隷全員・・・もなんか無さそうだし・・・。でもみのる君にはまた出て欲しいなーということでアンタッチャブル7人を市民にして、さらに奴隷のままのみのる君に不屈の鎧を着せて無敵の壁にしたらいんじゃないかな!!
    7人を闘技場から買い戻すのに1540Bios+貘さん入れた8人を市民にするのに8万Bios+不屈の鎧10万Biosで30万Biosもあればお釣りがくるし!!

    あと、あっち向いてホイ以降急に可愛いりゅうせいが今回も待機室的な所で可愛いのですがどうすればいいのでしょうか(*´Д`*)ハァハァ・・

    「この中で腕に覚えのある人いる?」というチャンプに、「チャンプさん」
    「俺 空手やってるって言ったでしょ?」「あんなの俺が全部ブッ倒してやるよ
    可愛いパンチしてるくせにいい笑顔しやがって(*´Д`*)ハァハァ・・

    チャンプ:「期待してるよりゅうせいぃーお前は凄い奴だよ」
    ってお前絶対確信犯だろっ!!完全にりゅうせいの扱いをマスターしております。まぁ他の皆がオワタムードの中、たとえ痩せ我慢でも(りゅうせいの場合ボコられる直前まで本気だろうけど(*´Д`*)ハァハァ・・)ああ言った彼に本当に感心したのも少しあるかもしれませんが・・・
    それにしてもチャンプに褒められてさらにヤル気出したりゅうせい
     単純すぎるだろうお前…_/\O_ハァハァ・・

    そしていよいよ開始の合図・・・って!! (゚∀゚)キター!!
    ドヤ顔キタ―――ヽ(゚∀゚)ノーーーー!!
    もはやトラボルタ=ドヤ顔って感じですね(●´∀`●)
    実際のトラボルタは後ろの方で出遅れてるし、これは皆のトラボルタのイメージがコレって事なのでしょうか(。-艸-。)クスクス

    そしてここからがおまちかねの・・・貧弱なトラボルタを倍の人数のハンター達から守れるのか?というトビ太に梶ちゃんが、
    「大丈夫です この勝負」「僕らの勝ちです」
     (*゚∀゚*)キター!!
    まってましたーっ!!マルコ☆無双!!!
    皆の「え?」がいいですね!梶ちゃんじゃないけど思わずドヤ顔したくなる(∀)
    梶ちゃんがイケメンになる間も無くマルコがさらにイケメンにっ!!
    元々テンションうきゃーっヾ(*>∀<*)〃って感じになってましたが、これで完全に何かが弾け飛んでいきましたぅきゃきゃきゃきゃ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)

     個人的にこのコマが一番カッコ良かった(*´Д`*)

    さてさてこのままマルコが暴れて終了するのでしょうか?
    でもヘルペス カッコつけて「這いあがらせるな・・・これが運営の方針」とか言ってたし万が一の時の為の切札くらい用意してそうですが・・・
    麻酔銃撃ってロデム覚醒とか?(。-艸-。)
    でも運営としてはエガとかああああとか人気のハンターにはむしろ潰れてもらった方が儲かるから、マルコに妨害入れるのはその後かな?儲けよりも客を楽しませることの方が優先な気もしますが。

    まぁ何をしようと、というかすればする程貘さんに喰われてしまうのでしょうけど・・・

    とりあえず今回はここらへんで。次回へっ!!

    拍手[2回]

    PR

    嘘喰い342話-アンタッチャブルライン-感想

    前回に引き続き今回もテンション上がりまくりな展開の嘘喰いでしたー(〃´▽`〃)
    今回は私的に貘さん回でした~出番はチャンプが多かったけど、、、

    毎週毎週なんでこんなに面白いんだ~なのになんで周りで読んでる人こんなに少ないんだ~(●`Д´●) 存在自体知らない人も多いんですよね。。。
    うざったくオススメしまっくって少し中毒者を拡散させたものの、特に女だと初期の絵受け付けないって子が多くて・・・私はその絵から入ったのですが^^;

    まぁ\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コツチニオイトイテ
    嘘喰い342話-アンタッチャブルライン-感想行きまーす8=(*・ω・)




    今回は堕ちる前のチャンプの回想から入りました~ 
    333話にチラッと出てきたやつですね。一応そこそこイイ線いってたんですね(o'д'o)
    人を見る目が無かっただけで・・・というか見てすらなかったんだっけ・・・
    それにしても、つね男見るからに下衆なおっさんって感じですね、、、リアルでもロクな奴じゃないんだろうな(´・ω・`)というか、こんな事されてもまた人を信じれたチャンプ凄いな!!

    あと貘さんの扉絵カッコイイです~

    用意すべきは最強ではなく・・・
    最良の”武器”

    たしかに、ここでは武器によっては貘さんが伽羅さんより強くなっちゃったりって事もあるんですよね。その前に貘さんじゃ伽羅さんに攻撃当てれない気もしますが(∀;)


    そしてここから貘さんのハイパータイム!!(甘いだけじゃない梅味)



    奴隷達から巻き上げたビオスを、チャンプ達5人の救済に当てるより闘技場で儲ける為の元手にした方が~等と言われ険悪モードだった奴隷達(特にりゅうせい、パチャンガ)のハートを一気に射止めショコラを悶死の末の蒸発においやりやがりました!!

    そして今週もイタさがとどまる事を知らないKAJI!!

     キモくてイラッときて大好きだ!

    工面ってただ流されたマルコに流されて奴隷以下に落ちただけでしょーが( ´Д`)
    そして定着しつつあるピッヾ(*゚∀゚*)ノ

    そんな彼らを感動しながら迎える貘さんを見て、あぁやっぱり芯まで悪魔ではないんだなぁ、と安心しました(*´v`*)これから大活躍してくれるであろうマルコを特に歓迎してはいましたが^^;

    さぁそしていよいよ闘技場の中です!
    闘技場はどの国にも属さない中立地域にある様です。ってことは やはりラロ組ハルも来てるかもですね ((o(´∀`)o))ワクワク

    おされるボンボン戦士ヨツヒコLv 50、そして魔法使いダッチョウLv 54はまさかのモヒカン!!

    魔法使いの攻撃は、杖から出るレーザー的な物をインナーが読み取る感じみたいですね。そして実際に怪我などはしない、とありますが戦士は実際に武器を相手のインナーに接触させる訳で、前回も書きましたがこれ伽羅さんやマルコのくらったらかなり痛いと思うんですよね・・・

    ただ、もちろんこれは一般プレイヤー同士の試合の話で、千ビオス払うと見られるという、チャンプ達がやるショーとやらには適用されないようです・・・つまり、リアル暴力有りって事でしょうか??これはマルコ大活躍の予感!!

     あとマルコはさっそくお友達ができたみたい。
    友達ってか子分かな(∀)とにかく私得すぎるこの絵面、たまに迫先生が怖くなる・・・

    テンション上がった所でサラリ亜面立会人登場ッ!!!
     ウキャ――ヽ(〃>∀<〃)ノ――!!
    七號ですかーっ!セバスチャン(?)ですか―――っ!!
    號数はいつか四とか予想書いたのはティッシュに包んで捨てるとして、外見は夜行さん(A)よりちょっと若目の紳士的なおじ様ってイメージだったのですが、まぁ文字にすると合ってる気もしますがセバスチャンは予想外でした。でもすごくシックリ!!大好きだっ><
    髭繋がり(カールさん)で、伽羅さんの専属やって欲しいな・・・性格的にはマルコにも向いてる気もしますが。

    ちなみに梶ちゃんの専属は門倉さんを希望!!
    ちゃんみだハルについてそう・・・

    と更にテンション上がってる所にさらに闘技場の司会者による追い打ちっ!!

     光の加減によるものかと思いきや・・・

    まさかの右側だけ滑骨種美ッ!!
    懐かしくなってついついファラリス編読破してしまった。、いつの間にかもうすぐ夜明けです・・・明日ってか今日は5時起きだったのに、赤牛よ、翼をください。

    来週か再来週か、梶ちゃんのイケメン発動来るかな~そしてチャンプに尊敬される未来が見えた様な・・・(〃´∀`).。o○(妄想)

    ってか宿デポロスわろすww 梶ママいないかな
    (。-艸-。)

    これからチャンプ達が出される見世物は、アンタッチャブルルルゥゥゥライン!!というそうです。タイトルのやつですね。

    そしてチャンプ達が堕ちた奴隷以下の存在というのは、アンタッチャブルという慈悲の手も及ばぬ法外に置かれし者らしいです。

    沸き立つ観客達の中で貘さんのみ物憂げに静かにしてます。やはりこういうのは嫌いなたち何でしょうか・・・今回は貘さんは悪人ではない、と思わせてくれる様な一面が沢山見れました(〃´v`〃)

    まずはショウドから来たアンタッチャブルズが闘技場に登場、アズラからも来てるのでしょうか??こっそり、ゲームの世界になじめずBANされた夜メガネさんの登場に期待・・・((p’∀’q))
    というか我が世伽羅さんはもう入卍したんでしょうか??というか伽羅さんはともかくジョンリョに今回の賭けについて上手く説明して納得してもらって眼隠しとかして奴隷になってもらう事自体立会人にとって既にかなり無理ゲーな気が・・・w

    まぁとりあえず
    \(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コツチニオイトイテ

    出でよハンター共と呼び出されたハンター志願者の中につね男らしき人物が!?
    これはチャンプ復習のチャンス!!

    賭けの内容は、何人のアンタッチャブルが生き残れるかと、どのハンターが一番狩れるかって感じみたいですね。
    闘技場に向かって何か輪っか状の物が投げられてますが、落ちた時の効果音が
    ドサッと重そうなのですが何なのでしょう・・・?

    とりあえず奴隷服のままのアンタッチャブルズに対しハンター達はしっかりリアルに頑丈そうな防具を装備してるのですが、何故か武器を持ってる様子がありません・・・さっきの輪っかが関係してるのかな・・・?

    とりあえず、輪投げみたく、ハンターはアンタッチャブルに輪っかを投げて、当たればインナーがビリビリして動けなくなり、そこをボコる・・・とかしょーもない予想をたててみますが、マルコならビリビリされても動けそうww

    気になるゲーム詳細は次回へっ!!

    拍手[1回]

    嘘喰い 第341話-LEGEND TRAVELER-感想

    いやー先週はまさに嘘喰いウィークでしたね!先週は!!

    このブログ読んでくれてる人いたら本当に申し訳ないです・・・本当に・・・でもブログ書くのは書いてる途中に新たな発見があったりで楽しいし、更新の遅れはともかく嘘喰いの続く限り書き続けて行こうと思ってます┏○))

    っと取りあえずテンションを先週に戻しまして、まずはコレ、

    30巻キタ―(゚∀゚)―!
    カリ梅は取りあえず置いといて、これジョジョ立ち入ってますよね!?
    こんな所でも嘘喰い×JOJOコラボしてたヾ(*゚∀゚*)ノ
    内容はいつか単行本感想の方で書くとして、

    表紙ついにキタ―。゚(。>∀<。)゚。―!!
    ・・・もう一度、キタ──────∵・(゚∀゚)・∵──────ッ!!

    まぁ先々週号で既に知ってはいましたが、もう見た瞬間ついつい不謹慎な表情をお見せしてしまいました(〃´∀`〃)
    瞬間というか見るたびにニャッ(〃´∀`〃)としちゃいます。ちょっと危ない人ですね。
    貘さんカッコイイけどちょいちょい右の方をチラ見してそう なんて(。-艸-。)
    妄想じゃ飽き足らずコラ画像まで作ってしまったorz
    本当に本当にホンットウに申し訳ないですOj乙・・・が取りあえず小さくして貼っておきますので、心の大――――きな方のみクリックで拡大して下さい。

    カリ梅眼帯付けてないのはこれ、実はもう目直ってるフラグでしょうか?
     (26巻)
    直ったけど眼帯気に入ったから外して無いだけ、みたいな(∀)

    さっらっに~!!ついに久しぶりに本編で愛しのマルコを愛でる事が出来ましたー!
    その上Legent Travelerだけじゃ飽き足らずキ萌えキャラの称号まで(私の中で)獲得してくる奴まで出現、そりゃ私の体温も40℃になるわな(`‐д‐´)


    っとまぁそろそろ本編、表紙は貘さん出ずっぱりだけど中身は超梶ちゃん回でした嘘喰い第341話-LEGEND TRAVELER-感想、行きまーすε=ヾ( ´=∀=)ノ



    上にも書きましたが今回はひたすら梶ちゃんがキモ愛おしかったです(〃∀〃)

    梶ちゃん船弱かったんですね((φ(・ェ・*)
    私は飛行機や船やジェットコースターは酔わないけど車には酔う変な体質なのですが、顔に触ったら酔わないってのは寝起きの水でした(o゚Д゚o)
    今度試してみようかな・・・梶ちゃん失敗してたけど^^;

    キャーやっとマルコ登場だーキャピ―――ヽ( 自粛 )〃
     つーかマルコ寝過ぎw
    子供だからしゃーない・・・のか?? 後なんか梶ちゃんって、この後のもだけど結構マルコから被害被ってますよね(○・ω・○)

    海上でオフプロ行きの船に乗り換え、梶ちゃんとマルコは門倉さんと別れオフプロで奴隷として売られる人達用の船室っぽい所へ連れて行かれますが、奴隷に交じって変なのが・・・

     
    梶ちゃん:「現世のどこにでもある声」「ここはその吹きだまりだった」

    いや無くね!? 小学校の中庭とか養鶏所とか行かないと普通は聞けなくね??
    これを真ん中に持ってくる迫先生のセンス、でも私は先に「助けて・・・ポリスメン」が目に入ってしまい最初気付かなかったよ(´・ω・`)
    これ向うは梶ちゃん達に気付いてるんでしょうか??梶ちゃんはともかくマルコはオーラあると思うんですが・・・

    島に到着した梶ちゃん達は身ぐるみ剥がされ奴隷服を着せられます。
    ってかマルコが英語っ!?もしかして母国語??
    戦地の集落出身って事は日本人って事は無く、顔的にどっか東南アジアの方かなーとは思ってましたが・・・でもそこらへんの国では植民地とかの無残りで英語とかフランス語とかも話されてたりもするしマルコも実は英語話せたのでしょうか・・・
     「Slave・・・Island」

    そしてここから梶ちゃんのスーパーキ萌えタイムッ!!

    まず島内の受付っぽい所で「名前を決めて下さい」と言われ、
     キラッ

    受付のお兄さんすっごい冷静に対応してるのがまた笑えます(。-艸-。)
    お兄さんの説明でここがオフプロである事を知った梶ちゃん、やはりプレイした事あったようで、装備屋さんで不屈の鎧なる物に反応しまくってた所を門倉さんに「梶様・・・あなた まさか」と言われ「ニィ」からのこのドヤ顔。
     この後分かる事ですが、これもし門倉さんもプロトポロス経験者だったら相当恥ずかしいですよね(* ̄m ̄)
    HP2以下で無敵になるって奴隷以外にはあんま使えなさそうなアイテムに反応してるあたり、やっぱあまりやり込んでた訳ではなさそう・・・でも10万Biosって高いなΣ(゜゜)

    プレイヤー同士のバトルのさいは、武器は実際の攻撃力は無い物を使用、攻撃時にインナーが反応してダメージを計算する様で、防具もインナーにデータが入ってるので実際に来てなくてもOK・・・という貘さんにはありがたい設定ですが、いくらフニフニの剣でも伽羅さんマルコのを思いっきり喰らったら当たり所によっては致命的な気もします^^;

    というか装備屋のおっさんが門倉さんの事黒の人って呼んでるんですがやっぱスーツ受けるのかな(。-艸-。)ってかおっさんのネーミングセンス∑d(-∀-*)

    門倉さんのスーツも敏腕立会人亜面さんが手配しておいてくれたようです。
    門倉さん:「亜面立会人  門倉です」「無事シーバーと」
         「我がスーツをA地点より発見しました・・・感謝っ!!
         
         (梶ちゃん達に)「では改めてご挨拶を・・・私」

         「弐っ」
         「・・・號立会人 門倉雄大と申します」
     門倉さん大歓喜っ!!

    改める必要無いのに改めて「弐っ」やってるあたり、当然っちゃ当然だけど昇進かなり嬉しかったんですね(∀)悪魔呼ばわりしときながらも、 貘さんのことそんなに悪く思ってないのかもしれません・・・梶ちゃんとマルコにリンゴ奢ってあげたり貘さんの居場所教えてあげたりしてますし。
    まぁリンゴ奢ってあげたのは、ラビリンスの時の覚醒前の梶ちゃんしか知らない門倉さんの哀れみからってのが大きかったりするのかも・・・
     注)マルコ


    チーム貘はテイパーからスタートチームラロはアズラからのスタートみたいです
    ・・・という事は貘さんとハルは同じ港に降りたのでしょうか??その時の様子も見てみたいです・・・
    ただ、331話で「この日似たような出来事が他の奴隷宿でも起きていたんだ」とありましたが、貘組でもラロ組でも無いのなら、ショウドの奴隷宿にいたのは誰なんでしょうか??外れるでしょうが とりあえずアラタに一票(´∀`;)

    ハルの事気になりまくってる梶ちゃんキモくて萌えーヽ(〃v〃)ノ 
     実は能輪じいちゃんから聞いて以来気になりまくってた過去の嘘喰いの仲間なんですよねー(〃´ー`〃) バトルシップ編の後、に出てきたのは実はフラグだったのでしょうか?? 対面したらとりあえず、
     っとは反応するでしょうが、機械通しての声しか聞いてないし蜂名とは気付かないんじゃないかと思うのですが、そうするとバトルシップの時の梶ちゃんしか知らないハルが梶ちゃんに「お屋形様っ!?」と反応された時どうするか・・・というかハルとしては梶ちゃんが自分の顔に反応する時点で「!?」ですよね・・・の事もあるし、ハルの記憶喪失についても何か新しい展開がありそうですね((o(´∀`)o))ワクワク

    そして今日は闘技場の日というアナウンスが流れます。今回の対戦は例のボンボン戦士ヨツヒコvs魔法使いダッチョウ!!戦士vs魔法使いの戦い、見てみたいです。

    前回梶ちゃんが闘技場にいたのは、ハルに対抗心を燃やして貘さんに会う前に一稼ぎしようと思ってのことだった様です。キ萌えーヽ(〃v〃)ノ  ちなみに探してたのはマルコだった様ですね。

    前回と繋がって「伝説の旅人・・・カジ?」

    梶ちゃん:「そうです・・・アレって僕なんです」

    「・・・」
    「それってオンプロで一万歩歩くだけで取れる称号でしょ?」
    「誰でもとれるやつっじゃん」

    梶ちゃん:(そっ・・・そうなの?)

    これは恥ずかしいっ((*゚▽゚*)) 今回のタイトルにも悪意を感じますね(●`∀´●)
    どーしようもない空気の所に来たるはマルコッ!!
     逃げたwww

    マルコ:「カジ― インナー出すよっ!!」
    その後ろには例のお腹が凄いおっさんが。。。というかインナーだのビオスだの、マルコ、リンゴ食べつつ一応説明聞いてたのですね。
    「ビオス!!」「インナの差し込み口よっ」っとすっかり興奮状態のマルコの気迫に圧され、梶ちゃん訳も分からないまま腹のおっさんに闘技場の見世物として身売りしてしまいます!!

    梶ちゃんたった一週でチャンプ達と同じ運命にっ
    ヾ(≧∀≦)ノ

    ここでマルコやらかしますかーっ梶ちゃん巻き込んでやらかしちゃいますかーっ!!
    見事に予想の斜め上を行ってくれました (〃´∀`〃)
    ってか腹のおっさんも、ちゃんと梶ちゃんにも確認しようよ(´・ω・`)

    ここで りゅうせい、「チャ・・・チャプさん あれ」
    さん付けですっかり子分に戻ってますね(∀)


    キタ───(´∀`)───!!

    やはり昨晩のを元手に闘技場でガッポリを企んでるのでしょう
    でもあっち向いてホイの後どこに行ってたんだろう・・・単に奴隷宿舎にいずらくなってどっかに避難してたのでしょうか・・・
    でも貘さん一人で野宿なんて出来るのかな・・・想像してたら萌えてきた(*´д`*)


    今週先週は単行本出るわヤンジャンの表紙嘘喰いだわマルコ出るわ門倉さんテンション高いわ梶ちゃんだわもう私得すぎる一週間でしたっ。゚( ゚´∀`゚ )゚。

    ってな感じで既に購読済みの次回は既に書きかけだったり!!こっちさっさと更新しろっなんて言わずもう少しお待ちを・・・

    拍手[2回]

    嘘喰い 第340話-奴隷の王-感想

    なんか今回は読む前だと勘違いしちゃいそうなタイトルですね。
    奴隷の王=救済→ボスみたいな(∀)
    私的には鼻と襟足の長い二―トのお兄さんが浮かびました(。-艸-。)

    ではさっそく嘘喰い 第340話-奴隷の王-感想行きまーすε=ε=ヾ( ´=∀=)ノ



    今週は時間は少し戻り、チャンプがりゅうせいに頭突き喰らった直後らへんから、チャンプの考察でスタート。
    そして先々週も出てきた例のくじ袋の中のもう一つの秘密とやらが ついに今週明らかになりました!なんと忘れかけてた330話でまだらめBKがみのる君にくじ袋を置かせた理由と繋がってました!!

    そこそこキレるりゅうせいは、実は自分の番の時にくじの当たりを捏造(赤い汁の付いた指で引く)出来なかった時の為に、予めくじ袋の中に赤い実を入れておき、くじが最後の一本になった時に袋ごと実を握りつぶして当たりを作れるように仕込んでおいていたのです。

    なので まだらめBKに自分の代わりにくじを引くよう言われた時、りゅうせいには当たりを捏造せずにくじを引いた後、みのる君に袋の中の実を潰して当たりを捏造させ、袋を暴かれても数本の当たりが出はするが、りゅうせい達のやろうとしてたイカサマは隠し通せる状況を作り出す事も出来たのです。

    しかしそれすらお見通しだった大魔王貘はみのる君に袋を置くように指示、袋の中の実を無効化し、もしりゅうせいがまだらめBKに当たりを引かなかった場合袋を暴いてイカサマを皆に晒す、と無言で脅した訳です。


    まさかりゅうせいのこの「・・・」にこんな深い意味があったとは!!
    「コイツまさか気付いて・・・いや、まさかな」的な事を思ってたのでしょうか(∀)

    ただ、チャンプはいつこれに気付いたのかな・・・私は331話で貘さんに指示されてくじ袋を持ち去った時に気付いたのかなーと思うのですが、もしかして持ち去った後貘さんに言われてかな?

    まぁ何にせよ貘さん恐ろしやー

    本編、チャンプがみのる君と話しているシーンに戻って、チャンプは
    まだらめはヤバい俺達とは違う人種
    思考の次元が違う 普通じゃ勝てない
    とか考えてますが、そこまで分かってるならよくあんな作戦で勝てると思いましたよね
    そもそも あの時まだらめBKがチャンプとりゅうせいの和解に気付いていなかったとしても、チャンプがりゅうせい組を売る事不自然だったと思うのです。
    あれでりゅうせい組が上か下で仕留められてたと仮定して、4人のりゅうせい組に勝ったまだらめBKは、3人のチャンプ組に負けたとしても結果はプラス、時間もおしてたし、これじゃ まだらめBKを打ち負かした事にはならなかったと思います。

    ただチャンプは、 338話でまだらめBKが「指を振らずに親番辞める」とりゅうせいを動揺させ仕留めたのを、まだらめBKは奴隷達の結束力を舐めてる=隙と捉え、今回もそこを突いてまさかの奴隷全員協力プレイを思いついた様です。
    でも残念ながらそれは的外れ、貘さんの本領は騙し打ち返したっだのですね(´Д`)

    あと、みのる君がチャンプに
    「りゅうせいの事なんですけど 悪い奴じゃないんです・・・」
    「ちょっと暴走気味ですけど りゅうせいは まだらめをやっつけて
    全ビオスを自分が集めて いい格好して一目置かれたいだけなんです
    って言ってるんですが、前回のチャンプの「りゅうせい おまえはただ」
    「まだらめに勝って・・・皆に凄いって認められたかったんだよな」
    チャンプの言葉じゃなかったのか∑(゚д゚ノ)ノ
    さらに、「くじの事だって本当は後でチャンプさんにもちゃんと・・・」とみのる君。
    ・・・まじかっ∑(゚д゚ノ)ノ なんかチャンプ株がやや下がりみのる君株が上がったかも。

    そして時間は339話のラスト、奴隷組一発全敗に繋がり、まだ右向きグロッキー顔のチャンプは自分が操られていた事に気付きます。

     この「まさか」がいいです(〃´艸`〃)

    チャンプによると、200Bios返却したのは、それによって子の総持ちビオスとまだらめBKのビオスがほぼ同額になり、タイムリミットが迫る中たった一回まだらめBKを全敗させれば それで奴隷組の勝利という状況を作り、チャンプが奴隷達をまとめる様仕向けるためなのだそう。
    ・・・なるほどっΣ(゜゜)

    まだらめBK:「やり易かったよ」

    「ようやく欲丸出しの 正直者になってくれたからね」

    貘さんの犬歯だセクスィきゃー(〃 ゜▽ ゜〃)
    貘さんがチャンプに「やっかい」と言ったのは、貘さんは、嘘喰いの名の通り あの手この手で自分を負かそうとしてくる相手の攻撃を利用して反撃するタイプなのに、チャンプは本気で貘さんに仕掛けていかなかったからだったのでしょうね。

    まだらめBK以外破産で場はお開きに、貘さんは「楽しいギャンブルをありがとう」(本当にすごく楽しそうでしたね...)とヰ近立会人のビオスケースを勝手に借りて帰ろうとします。

    そこにやはりというか、「ビオス貸して」と奴隷達が必死にたかります。まぁヰ近立会人みたいなのに「返せなかったら命で払え」なんて言われちゃ当然ですが・・・。でも「それでも600以上残るんだから良いでしょ?」(5人の借金全部で1000Biosなので)とか「俺達奴隷仲間じゃないか」とかアホな事いってる奴までいます('∀';)
    2個目のは伽羅さん辺りに言ったらボコボコにされそうですw

    助けてくれたら従うと言い出す奴隷達、すると貘さん「今良い事言った人いる」と・・・

     
    ってかこの人はずっと同じ顔な気がするけどちゃんと場にあってる所が流石です(∀)

    「俺達のボスになってくれって・・・」「当然 そのつもりだよ」

    !?・・・マジでっ!?と思ったら、

    「でも俺がなるのは 奴隷の王じゃないんだよね」
    と言って帰ってしまいました。

    成程ってか貘さんかっけぇぇぇo((〃>Д<〃))o


    さらに外に出た貘さん
    「悪いけどこのビオス・・・」「もう 使い道決まってるんだよねぇ~」
    もう一万ビオス作る算段はついていたという事でしょうか?さすが貘さん(o゚Д゚o)
    ちなみに“四神包囲”の横のあっち向いてホイに軽く笑っちゃいました(●´艸`●
    ヰ近立会人・・・(´・ω・`)

    でも、「疲れてるんでこれで失礼」とか言いつつ、奴隷のくせにおそらく奴隷達が寝泊まりするであろう奴隷宿舎を出てどこに帰るんだろうとか思ってたけど、まさかこの後まだ何かやるのでしょうか?さっき倒れてたし体力的にもうかなり限界だと思うのですが・・・

    一方奴隷宿舎の中ではやはりチャンプが責められてるのですが、なんと、まさかの
    りゅうせいがチャンプを庇ってます!!

    本当にかわいい(*´▽`*)

     さらに「コォォォ」ですってヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ♪

    今までも りゅうせいの事はカスキャラとして好きだったんですが、これで私の中では萌えキャラ認定されました (o´∀`o)

    そんな感じでチャンプが泣きながら(なんかよく泣くな)謝ってる所に怪しい腹の男
     ボタンの縫い付け強度パネェ∑(゚Д゚ )
    ノリがちょっとウザい彼は黒スーツをちょっと気に入ってる様子。「アメンって人もだけどその黒スーツどこで作ってんのよ」に一瞬(*´-ω・)ン? っとなりましたが、この島に外の物は持ち込み禁止、実は立会人の黒服は違反なのかも・・・って事は貘さんの眼帯も!?
     (329話)

    そして腹おじさんの目的は借金した奴隷5人の買い取りでした!!
    一人180Bios+手数料20Biosで200Biosだったのですね。トビ太、パチャンガ、トラボルタ、チャンプ、りゅうせいの5人は闘技場の見世物として売られ、キャンセルする場合は220Bios、逃げたらクエストなる物を貼られる様です。
    「闘士でなくショウの材料、エンターテイメントの供物」という事はライオンとかコモドドラゴン相手に戦わせられたりする感じでしょうか??

    ちなみにこれが一番マシな売られ先で、第一条件は
    「健康で五体満足な男子」
    他だと悲惨極まりないそうです・・・島にはヤクの製造工場等もあるそうなので、麻薬等の実験台にされたりするのかな(゚Д゚ll)
    それでヰ近立会人は必死にチャンプを粛清するのを避けようとしてたのですね。 (338話)
    やっぱヰ近立会人優しいわぁ大好きだわ(●´v`●)

    また、これらを手配してヰ近立会人に伝えたのは亜面立会人なのですが、ヰ近立会人が無線してたのがちょうど貘さん達が労働してた傍だったようで、(もしくは332話で各プレイヤーに一人立会人が付き、ヰ近立会人が貘さんを選んでる事から常に貘さんを追けてたのかな)なんと貘さん、ヰ近立会人達の会話を盗み聞きしていました!!つまり、貘さんは借金してもすぐに殺されたりする事は無い事を事前に確認してたのです!!

    そして、329話で「皇帝が三国を統一すると一週間後に世界がリセットされる」
    「するとビオスや地位を失うものが出てくる」
    と出てくる事や、亜面立会人が「わずかに先の希望のもてる卸先」と言っている事から後約一カ月生き延びれば、チャンプ達5人の奴隷脱出も可能になるかもしれないのでは、それを踏まえて貘さんはあっさり皆を見捨てたのでは、なんて思いました。


    そして今週はまだ衝撃の、というか笑撃のラストが残ってました!!

    チャンプ達が闘技場に着くと、声をかけてくる人物が・・・


    `;:゙`;:゙;`(;゚;艸;゚; *)ブッ・・・!!

    そこは最後まで「我」で通せよ、「伝説の旅人カジとは我の事だ」で貫こうよ!!

    みごとにキモ寒痛くスベッて久々に登場してきたわけですが、もぅなんかいろんな感情やらツッコミやらがいっぺんに湧き出しまくって来て、言葉が全然出て来なかったのですが、取りあえず一つ分かったのは
    私こんなに梶ちゃんの事大好きだったんだな、と。
    編集のコメントがまた絶妙ですね(●`艸´●)本当にピッ・・・じゃねぇよ!!
    そしてやっぱりチャンプに梶ちゃんの替わりは務まらないなとも思いました^^;

    見た感じまだ奴隷の様で、「人を探してる」というのは貘さんの事でしょうが、
    えっと一緒にいたはずのマルコはどこに!?なんか嫌な予感がするのですが、取りあえずいろいろ予想してみました。

    ①マルコがやらかしてBANされて困ったKAJIはとりま貘さん探しに。

    ②マルコがやらかしてBANされて闘技場へ連行され、KAJI闘技場まで来てみたものの助け出すのはちょっと無理っぽいので貘さん探しに。

    ③マルコとは別々に入国させられたKAJIはとりま貘さん探しに。

    ・・・マルコ――。゚(゚´Д`゚)゚。 ③でもロクな目にあってなさそう。。。

    あと、梶ちゃんがここにいるって事は他の二国の奴隷宿舎で巻き上げてたのはラロハルかな??

    あぁでもチャンプ達使い捨てキャラでなくて良かったぁ(´Д`●)


    ってな感じで続きが気になりまくる次号は再来週だー _| ̄|Oガーン

    拍手[2回]

    嘘喰い 第339話-脆き決意の末に-感想

    もー今回は興奮しすぎてついつい不謹慎な笑顔が出てしまいました(〃`∀´〃)
    いきなりネタバレですが、今回で決着つきますっ!!
    思ったより早かったけど、残り約23日カイザーにならなきゃいけない訳で、まだ第一関門の一万Biosも達成して無いと考えるとこのくらいでちょうど良かったのかもしれません。

    ではっ嘘喰い 第339話-脆き決意の末に-感想、不謹慎な笑顔で行きまーす!!



    さっそく前回のりゅうせいの「やば・・・」の正体が明らかになりました。

    4人組不敗法では、チーム全体のビオスがマイナスになることはありませんが、
    それぞれのチームメンバーの持ちビオスは変動します。
    そしてまだらめBKはりゅうせいのビオスが減る様に(作中にハッキリとは書かれてませんが、おそらく次にみのる君もあまり増えない様に操作してたのです!

    まだらめBKは二回戦目で、三回戦目に勝負したい子(りゅうせい)が一回戦目に向いた方向に振る事で、他の二人を確実に勝たせる(この二人は三回戦目でまだらめBKが二回戦目に振った方向を向く)=特定の二人のビオスを増やす事が出来るのです!
    数は少ないですが、まだらBKが親のゲームを見返した所、りゅせいが一回戦目で負けた時は二回戦目でみのるの一回戦目の方向に振って三回戦目で仕留め、他では一回戦目でみのるを仕留め、三回戦目でりゅうせいを仕留めています。

    唯、これだけならビオスが減ればトビ太の様に他のメンバーから分けて貰えば良いのですが、りゅうせいは一度トビ太にビオスを分けるのを拒否してます。そして自分のビオスが減った時に皆に分けてもらえるか不安に思い、三回戦目の1/2の勝負を確実に避けようとします。

    一回戦目下を向いてやり過ごしたりゅうせいは、「まだらめBKは次下に振ってくる」と考え、二回戦目セーフ確定を使わずに上を向きます・・・・

    がっ!!まだらめBKにその思考はお見通しで、りゅうせい二回戦目で敗北っ!!
     
    もう貘さんがラスボスすぎますっ><
    チャンプのナレーションもグサリときました・・・

    こうしよう とか こうなりたいって そういう自分の目標を成せなかったから
    単に理屈や言ってる事が立派なだけで実現できなかったから
    大事な事を 何も貫けなかったから
    ちょっとした事で挫折してしまうから

    ちょっと(ってかそこそこ)省きましたが、もうまさに
     「ぎゃあああ」
    と叫びたくなりましたが淑女らしく耐えました(笑)

    (アニメ四畳半神話体系第一話「私の脳裏を来し方二年のむにゃむにゃが走馬灯のように流れた(以下略)」より)


     というか貘さん超楽しそうです・・・

    はい、という事でりゅうせい残り2Biosになってしまいました。みのる君も残り1Biosなので使えません。ちなみにチャンプ組の総ビオスがりゅうせい組のと11Bios差まで追いついてきました!

    さらにこのタイミングでまだらめBKは悪魔のごとくヰ近立会人に200Bios返却、案の定トビ太とパチャンガは、必勝法無視した自業自得だどっちかっていうと預けている100Biosをさっさと返して欲しい、等とりゅうせいを責め、最終的にまだらめBKが200Bios返したので今度はりゅうせい借りて来いと言いだします。

    座りこむりゅうせいにチャンプが「諦めろ」と話しかけます・・・するとっ!

     !?
    無言のまま、りゅうせいまさかの
    座った姿勢からの必殺☆ジャンピング頭突きを繰り出します!!
    ヰ近立会人の影響かな??
    りゅうせい:「説教しやがって~ この俺にぃ~」

    この後ゲームは一旦中断された様で、皆自由に外へ出たりもしてます。

    まだらめBK:「通報ってやつするの?」
    チャンプ:「まさかっ・・・あのくらいは たまに起こる事さ・・・いちいち騒いでたらキリがない」
    プロトポロス編の最初の方で「リアル暴力禁止」と出てきましたが、直接運営がどっかから監視している訳ではなく、あくまでプレイヤーからの通報があってはじめてBANされる様で、つまり伽羅さんがジョンリョと死闘を続ける事も可能な訳ですね。また、目撃者全員皆殺しもしくは記憶喪失でもセーフと。


    まだらめBKに語り出すチャンプ。りゅうせいは結局200Bios借りた様です。さらに、りゅうせい組が全賭けで、一回戦目全員で同じ方向(まだらめBKが一回戦目で一度も上下に振って無いので上下のどちらか)を向きセーフでそのまま全勝を狙う事、チャンプ組にもそうする様誘ってきた事までペラペラ喋り出します!!

    チャンプ:「あんたはあえて そう思わせるように偏らせて振ったとも考えず・・・」
    まだらめB:(「へぇ・・・」)
    チャンプ:「俺が何でこんな事を言うと思う?」「あんたと決着をつけたい」

    理由は、この情報を流したお礼にまだらめBKは次上か下に振り、チャンプ組は←でセーフを狙い、2回戦目から勝負をしたいからだそう。

    これを聞いた まだらめBKは
    「・・・」「前より良いよ・・・今のあんた」
    「・・・さっきまで本当やっかいだったもん」

    チャンプ:「言ってろ!!」

    いやーチャンプこの時に気付くべきでしたね!!「言ってろ!!」なんていって、もうまだらめBKがちょっと関心してるって思い込んでますが、これ「今はもうやっかいじゃない」って言われてるんですよね。怖いわー

    実はこれは全てチャンプのまだらめBKに対する罠で、チャンプがりゅうせいから15Bios巻き上げる所から既に始まっていたのです。

    まだらめBKがわざと一回戦目に上下に振らない事に気付いたチャンプは、15Bios巻き上げ作戦の時、りゅうせいに
    「おまえが俺の話に乗るつもりになった時でいい その時は」
    「俺を殴れ」
    「全員一丸となってまだらめを嵌める!!」全員で組んでまだらめを嵌める」
    とも伝えていたのです。でもだからって必殺☆ジャンピング頭突きはないでしょうに・・・あれ多分チャンプ舌噛んじゃってた りゅうせい

    そして、一回戦目まだらめBKが「↑」「↓」「←」、つまり「→」以外に振る様に仕向け、りゅうせい組・チャンプ組同盟全員で「→」を向き、それ以降も全員で方向合わせて勝とうという後半運任せな作戦を立てていたのです。実はりゅうせいとチャンプは必殺☆ジャンピング頭突きの時から和解していたのですね。
    そんでチャンプは「俺やっぱカリスマだーみんなを救うリーダーだー」って浮かれちゃったのでしょうね。

    ちなみにチャンプが
    俺は何も分かっていなかった 
    おまえに騙されたあの時 
    お前の顔を見たあの時

    おまえ こんな顔だったっけ・・・・って
    俺は初めてお前の顔を真っ向から見た事に気付いた
    見えてなかった 自分も 他人も りゅうせい おまえはただ
    まだらめに勝って・・・皆に「凄い」って認められたかったんだよな・・・
    もう・・・終わりにしようっ!!

    なんて考えてるのですが、331話の「あんな・・・?」の意味がようやく分かりました


    でもこれ結構ヒドイ気がするんですけど・・・つまり、今までりゅうせいの顔すらちゃんと認識してなかったって事ですよね?要は「自分が面倒見てやってる奴」と自己満足する為の道具だった的な・・・
    あと、
    皆に「凄い」って認められたかったんだよな・・・」はりゅうせいに限らず
    チャンプもそうだと思うんですけど・・・

    子と親の総持ちビオスはなんと同額の809Bios!!
    つまりこれが最後の勝負です!


    そして一回戦目!奴隷組全員敗北でした^^;
    もうこの見開きが最高にカッコよく不敵な笑顔でズバッとに振るまだらめBK、
    そして全員もれなくグロッキー顔な奴隷組。

    まあ当然っちゃ当然ですけどね・・・何かの縮図を見せられた感じです。

    そして・・・

    まだらめBK:「待ってました」
          「あんた」
     「嘘つきだね」

    キタ────∵・(゚∀゚)・∵────ッ!!

    私も待ってました!!久々のキメ言葉キましたこれっ!!
    これぞ嘘喰いですね!!騙そうとする→返り打ちと。

    でもこの後どうするんだろう?チャンプにはがあるからなんとかなるかもしれないけど、でも思ったほど儲からなかったし、そこからさらに、ナオちゃんならともかく魔王貘さんが奴隷救うために1000Biosも使うとは思えないんですよね。
    でもそれだと他の奴隷達からの風当たりますます悪くなりそうだし・・・

    まああっち向いてホイはひとまず一段落ですかね。
    いろいろ胸に突き刺さったりしましたが、今までで特に共感しやすいエピソードだったかも。ちょっと自分を見直せた気がします。ありがとう迫先生(〃・・〃)ゝ

    ってな感じで次回へっ!

    拍手[2回]


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]