忍者ブログ
マルコを愛でつつ漫画「嘘喰い」の感想等書いていきます。 感想というか考察メモみたいな感じでかなりネタバレ含みますので漫画未読の方は要注意です。 週刊の方の感想→多分毎週末更新、単行本感想→不定期更新です。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    嘘喰い 第350話 -今でしょ!- 感想

    今週の嘘喰いでは貘さんもですが、ラロの大物っぷりを改めて思い知らされました。
    The Annoying Orange風にファービーにしててすいませんでしたOj乙
    でもなんかラロって、子供の頃持ってた睫毛が長くて目がリアルなファービーに似てると思うんですよね(`◎Θ◎´)

    では嘘喰い 第350話 -今でしょ!- 感想 行きまーすε=ε=ε=((8-(*ノ゚∀゚)ノ






    100秒達成でゲームクリアした伽羅と戦闘不能になったロバートKの戦線離脱に生き残ったハンター達はここぞとばかりにポイントを稼ぎますが、もう動けないとはいえロバートKに殴りかかるハンターはさすがにいないみたいですね・・
    ブペらしきハンターがハナゲソ「おまえには負けねーよっ」と言ってますが結局負けてますね(。-艸-。)

    そして去り際に伽羅さんが「勝手にやってろ」と言いつつ(外で会うのがたのしみだ)とか言ってるんですが、弱い者いじめの嫌いな伽羅さんは後でこのハンター達を懲らしめるつもりなのでしょうか??
    それともこれはロバートKに向けた言葉で、実はロバートKはクリアしない為に動けないふりをしているだけだったりして、だから「勝手にやってろ」、そして今度は外でハンターに気を回したりせず全力で戦いたいって事なのでしょうか??

    まあなんにせよ次のページの、背中合わせの貘さんと伽羅さんの扉絵がカッコ良すぎます!頼もしすぎます!!  亜面立会人の異なる存在 対なる強者って感想がもっともですね。もうこの絵を見て貘さんチームが負ける所なんて想像できませんヽ(〃∀〃)ノ


    さて、そしてここから、怒涛のタネ明かしです!!
    まずは貘さんから、パチャンガ達にも賭けさせてるんだろうなーとは思ってましたが、貘さんの伽羅さんへの3千Bios賭けの他に、パチャンガ達にはまさかのオッズの高い弱ハンターに連複賭けさせてました!!

    貘さんの作戦は、10人のハンター達の内特に配当の高い4人を選び、他のハンターは伽羅さんに潰させ、起こりうる6通りの組み合わせのどれが来てもいい様にマルコ、パチャンガ、トビ太の3人に1500Biosづつ賭けさせるという物でした。

    当たったのは配当500倍の3-10、払い戻し額はなんと75万Bios!!
    つまり貘さんの所持ビオスは3-10の75万+伽羅さんの9万+ラロの10万+元々の所持金約20万Biosで合計約114万Biosになったわけです!!

     パチャンガは顔ずっと同じなのに不思議とちゃんと表情あるんですよね。一緒にいるトビ太のおかげで分かり易くなってるのかもしれませんが。これは「へへっやりましたねっ」って感じでしょうか(。-艸-。)

    そして貘さんは安定の悪魔スマイル
    オンプロ来てからどんどん悪魔になっていきますね。屋形越えまで後一歩、敵はあの捨熊のボスだった超強敵な訳ですが、貘さんすごく楽しそうです。「全く興味がございません」と言いながら最高の舞台を用意してくれたちゃんみだに、貘さんは感謝しなきゃですね(。-艸-。)

    ちなみに貘さんは勝たせるハンターを、

    2番ダワット並-12倍
    3番ブペ弱-- 70倍
    9番アレン弱 28倍
    10番ハナゲソ 弱- 45倍 
    の4人に絞り、起こりうる組み合わせとしては

    2-3 2-9 2-10 3-9 3-10 9-10 
    248倍 220倍 230倍 320倍 500倍 280倍 
    があったわけですが、1500Biosづつなので払い戻し額は最低33万Biosということもあったわけですね。
    私は2番のダワットは省いちゃって良かったんじゃないか、そうすれば組み合わせは3通りで3000Bios賭けれるから最低84万Bios、今回は150万Bios儲かったんじゃないか、というかついに3千×30が出来るくらい高知能化してきてるマルコの言うとおり全額一番高配当である3-10に掛けて良かったのでは、そして貘さんもハンターに賭ければ良かったんじゃないかと思ったのですが、獏さんは敵プレイヤーが闘技場にいた場合それじゃリスクが高いし、「これくらいがベスト」と言ってます。
    貘さんは「おそらくここが最後の稼ぎ時・・・失敗はできない」慎重になってたみたいですが、最後の稼ぎ時に伽羅さんへの賭け額と合わせて最低40万ちょっとの勝ちで良しとしていたということでしょうか?ハル除いてチャンプ達入れた貘さんチーム全員を上級職に上げるにはあと100万Bios近く必要なのですが、40万の勝ちじゃ所持金と合わせても60万ぜんぜん足りないですよね・・・
    ということは、もしかして貘さんはチャンプ達とはメインステージ終わったらお別れするつもりなのでは・・・とか考えてしまいましたが違うといいな (´・ ・`)
    これからも他の国のプレイヤー倒してビオスや装備奪うこともできるし、消耗してた伽羅さんを気遣っただけなのかもしれませんしね。


    そしてなんか仲良くなってる門倉&南方長スーツコンビ殴り合って分かり合うってやつでしょうかヽ(〃v〃)ノ  殴られたのは南方だけでしたが(。-艸-。)
    まあそれは置いといてラロですが、なんと彼が賭けていたのはロバートKではなく、「リスクが高すぎる」3-10の大穴にMAXで一点買いでした!!
    敵も闘技場に来てたらと考えると一点買いは危険と考えた貘さんに対し、敵も闘技場に来てたら同じ事をするかもしれないから一点買いでも当てやすくなると考えたラロの方が一枚上手だったと言うことでしょうか・・・

    というか348話「さんじゅう」3-10の事だったのですね!!
    よく見ると348話で既に3番のハンターのポイントがやたら高かったりロバートKがやたらハンター達をじ~っと見てたりヒントはあったのですが競馬とかやってないとさすがにこれは気付きませんよね^^; あとロバートKがハンターを攻撃してたのは、弱い者いじめが嫌いなんじゃなくラロの指示だったのですね。
    こうして文無しになったかと思った矢先に所持金150万になったラロですが、「少し・・・欲をかきすぎました」とか言ってますし、貘さんとの賭けでは本気で伽羅をリタイアさせる気で、負けたことは計算外だったのでしょうか?

    しかしラロの企みはまだ終わっていませんでした!!
    南方の「だがロバートK この協力者を失った事が後にどう影響するかは・・・」という台詞の後、回想で夜空の星を見上げるラロ(ギャンブルが弱い・・・私にそう言いましたね?)(まだ 終わってないんです)
    (私の賭けは 今です!)(今・・・始まったのです)
    そしてその手元には六分儀らしきものが!!

    船からパクってきたのか、割と手軽な材料で間単に作れるそうなので手作りかもしれませんね。349話の感想ブログの拍手コメントで「ラロは星から島の位置を割り出し更なる協力者を手引きさせる気では」という物を頂いたのですが、本当に島の位置割り出してましたね!!
    ラロは唯のロマンチストではなかった様です!!

    そして作中ではまだ明らかにはなってませんが、新たな協力者を連れ込む気では、という予想も当たってるかもしれませんね。
    30巻326話からアイデアルはもちろんラロの全財産はちゃんみだに把握されてるわけですが、前回ラロはロバートKに「本当は貴方が来てくれるとは思ってなかった」と言っていて、今回南方も「ロバートK あれはかなりの人物・・・」と言ってることからロバートKも実は大きな組織か何かのボスで、もしかしたらラロは彼自身の正体は明かさずにロバートKの部下等を、ロバートKの指示でラロに協力させる気なのかも・・・とか考えてみました。
    そして前回の「嘘喰いの協力者を始末し リタイア・・・です」伽羅さんはもちろん始末し、ロバートKもゲームはクリアしないでアンタッチャブルラインをリタイア島外のミッションにつけとも考えられるのでは、そしてロバートKでは伽羅さんに今後も戦闘不能になる程のダメージを負わすのはさすがに無理だと思い、確実に伽羅さんを消す為貘さんとの賭けに「負けた方の協力者はリタイア」との条件を加えたものの結局ロバートKを失ってしまい「欲をかきすぎました」(でも島から出るいい口実はできたし人手さえ送ってもらえれば・・・)って感じなのでは、と思いました。
    タネ明かしが楽しみです(((p゚∀゚q)))ウズウズ

    後、ラロや南方の口振りからロバートKはタワー編でカールを伸した黒塗り警備員ではなさそうですが、もし彼もラロの協力者なら、カラカルの保険に使われるくらいだしラロの暴本命はまだ未登場なのかもしれませんね。

    今回のタイトル「今でしょ!」はラロの「今です!」から来てるっぽいですが、今でしょはどちらかと言うと貘さんの口調っぽいと思うのですが、まさか貘さんもまだ何か企んでるのかな・・・というのは考えすぎでしょうか(●-∀-●)ゞ


    ワクワクが止まらないプロトポロス編ですが、そろそろアンタッチャブルラインメインステージ開始でしょうか??
    梶ちゃんは伽羅さんのことすごく頼りにしてる風でしたが、伽羅さんからしたら、梶ちゃんだけでもイライラするのにさらに増えて、イライラしすぎてスーパーサイヤ人になっちゃうかもしれませんね(。-艸-。)
    伽羅さんと梶ちゃんの絡みはもちろん、個人的には伽羅さんとりゅうせいの絡みがすごく見たいです((p゚∀゚q))ワクワク 語尾の「ぞぅ~」にどう反応するのかな(・∀・)
    あとキレたトラボルタへの伽羅さんの反応も見たいです((p゚∀゚q))ワクワク


    では今回はここらへんで、ワクワクしながら次回へっ!!

    拍手[8回]

    PR

    嘘喰い 第349話 -追放の協力者- 感想

    PC故障の為しばらく更新滞ってました。申し訳ありません<(_ _)>

    ※しばらくどーでもいい愚痴が続くので、んなのどーでもいいという方はパソコンの大事なデータがバックアップされてる事を確認したら二重線までGO!!

    愚痴ですが、さっさと諦めて新しいの買えばよかったのでしょうが、私のような貧乏人にそんな事できる訳もなく、結局1週間程パソコン無しの生活を送ってました。
    自分はそこまでパソコンに依存してなく、パソコン無くてもちょっと不便だけど生活に支障はないと思っていたのにいざ壊れると何も出来なくなる自分に驚きました。パソコンが無いからというか、データ全部消えた事による精神的ショックのせいかもしれませんが・・・。

    最初の数日は一応動いてはいたので、その時に大事なデータをバックアップしておけばまだマシだったのでしょうが、能天気な私にそんな機転が利くはずもなくデータ消えた宣言された後、ショックで寝込んだら本当に体調崩してガチ寝込みし、何故かONE OUTS読破してトーアとリカオンズって貘さんとチャンプ達に似てるなーと思ってヤンジャン読み返してたら感想書きたくなったもののパソコン壊れてるのを思い出しさらに鬱になり・・・と堕ちかけていた所へ友人から「ジョジョ第三部アニメ化決定!!」の知らせが入り、ようやく生きる気力が沸いてきて新しいパソコン探し始め、というか偶然友人その2のPCも壊れたのでついでに選んでもらい、いい感じのノーパソはゲットしたものの旅行用に貯めていたお金を半分以上使ってしまいましたorz

    今から貯めてたんじゃ間に合いそうもないし、皆ごめん<(_ _ )>
    写真沢山撮って来てねー(´;ω;`)ウッ・・

    そろそろ嘘喰いの世界へ現実逃避したいので、感想行きまーすε= ε= ┌(;´゚ェ゚)┘






    今週先週は安定の最強最良な伽羅さんでしたねーヾ(*゚∀゚*)ノ

    アンタッチャブルライン残り5分40秒の時点で伽羅さん残り42秒、ロバート残り47秒と、伽羅さんが5秒リードしてますが思ったより手ついたりしてるみたいですね。

    先週の最後でビックリした表情のラロでしたが、今週は立ちあがり「マーヴェラス」と伽羅さんを賞賛。伽羅さんを昨日の夜空の美しい星に例える等、親方様への電話でも思いましたがラロってロマンチストですよね。
    しかしまだ勝つ気ではあるみたいで、負けそうだからこそ逆に燃える、とここにきて賭けの代償の上乗せを提案!!
      ここのファービー(懐かしい・・・)みたいなラロがいいです(。-艸-。) とか思ってラロ面ファービー「マ~ヴェラス!」って言ってる所想像してみたら気持ち悪かった・・・(;´゚д゚`)

    上乗せするにもラロはほぼ有り金全部を賭けた筈、まさか所持ビオス10万はブラフかと思ったら、「負けた協力者は島から追放」を提案!!

    マルコが「大丈夫・・・伽羅のおじさんが勝つよ この勝負」とか言ってますがいつの間にか仲良くなってたみたいですね。良かった(*´ω`*)

    貘さんはラロの提案を受け、賭け成立。ロバートKは色々派手な攻撃してるものの、伽羅さんには効果薄な様で、おされ気味のロバートにラロは「ハッハッハッ 本気を出しなさい ロバートK!!」と応援しますがロバートKは既に本気出してた様、伽羅さんに仮面を割られ、結局ロバートK敗北っ!!

    仮面が割れても何も起こらず、あっさり負けてしまったロバートK。

     ラロも今度は本当に「マジか・・・」って顔ですね。次のページでも「くっ・・・」って顔してますが、ブラフじゃないといいなぁと思ってしまう私はちょっと疑心暗鬼になってるのかな。

    「こりゃ幸先がいい」「アンタ」「弱いね」「ギャンブル」
      高く積み上げられた20万ビオスを手にするマルコが、今にも零れ落としてバラ撒きそうでちょっと不安ですが、貘さんの微笑みが素敵ですね (。-艸-。) 

    ちなみに、負けたほうの協力者はリタイヤに貘さんが合意した時に、きになる台詞があったのですが

    貘さん:「この賭けに乗ろうが乗るまいが」
    「俺の目前で負けたら伽羅さんは自分から」

    「姿を消すさ・・・」

    いや、たしかに伽羅さんならそうしそうですが、なんか いつか伽羅さん敗北→黙って去るのを貘さんも黙って別れを告げるの図が浮かんだのですが・・・(´;ω;`)
    そんな事にはなりませんよね!!少なくともこのプロトポロス編で、伽羅さんが単純に暴で負けるところは想像できないし、その後もきっと大丈夫ですよね!!
    直ぐにラロの案を承諾しなかったのも、伽羅さんの勝利を疑ってたわけではなくラロが裏で何か企んでないかを疑っての事だと思います。

    というのも、アンタッチャブルライン開始前のラロとロバートKの会話がいろいろ怪しいのです。 実はちゃんと貘さんが昨日既に闘技場を利用していた可能性を考えていたラロは、

    「稼ぐのは今日が潮時になるでしょう」
    「闘技場支配人ペルペスを動かす運営・・・彼らも当然この事に気付いている・・・何かしらの対策を考えるはずです」
    「だからこそ今が最大のチャンスなのです」
    「嘘喰いの協力者を始末し」「リタイア・・・です」
    「貴方にはやってもらわなければなりません」
    「このミッションを任せられるのは あなた以外存在しません」

    とか言ってるのですが、まずラロの口振りからも結構な大物である筈のロバートKが こんなにアッサリやられちゃうのが腑に落ちません。まあ、伽羅さん相手にここまで踏ん張っただけでも凄いのかもしれませんが・・・
    後、上乗せした条件の負けた協力者のリタイア(島から追放)はゲーム開始前から考えていたのに後から上乗せしたのが怪しいです。
    これ、伽羅さんを始末=リタイアさせろとも取れますが伽羅さんを始末&ロバートKはリタイアしろ、とも取れます。
    そして「運営の対策」「チャンス」になるというのも引っ掛かりました。
    さらに今回のタイトルも「協力者の追放」ではなく「追放の協力者」ですし、もしかしてラロの目的はロバートKをわざとリタイア、島の外に出し、運営の対策を利用して伽羅を始末する事とは別に何かのミッションを遂行させることなのでは?ラロは10万Bios儲けるよりも、ロバートKの島追放を賭郎に警戒されないようサラリと通す為、後から上乗せにしたのでは?・・・なんて思ったのですが、伽羅さんを始末とロバートKのリタイアが矛盾するんですよね・・・。

    始末というか伽羅さんに深刻なダメージを与えかつギリギリでわざと負ける・・・はちょっと無理やりすぎかな(●´-∀-`●)ゞ
    そもそも島の外で何をさせるんだ、という話ですしね。リタイア後も、卍勝負を知る者としてロバートKには見張りがつく、もしくは隔離される可能性がありますし、あまり賭郎を舐めた真似するとまたお屋形様が機嫌損ねて屋形越え受けてくれなくなるかもしれませんし・・・。

    ちなみに貘さんも裏で何か企んでいる様子です。
    ゲーム開始前、伽羅さんと貘さんの会話で貘さんは、
    「もし闘技場であちらさんと鉢合ったら色々と勝負せざるを得ないかもしれない」
    「伽羅さんにとって厳しくなりそうなんだ」
    と言ってますがラロ組の誰かがいたとして、伽羅さんがそう安々とやられる訳無いのは貘さんも十分承知のはずだし、伽羅さんが
    「本当に人の身を案じる気があるのなら その人使いの荒さを何とかするんだな」
    「この中に誰がいようが 俺は」「お前の望む勝ち方をするだけだ」
    人使い荒いお前の望む勝ち方なんて言ってるのが怪しいというか、伽羅さん相変わらずツンデレですね~ヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ
    そしてトビ太&パチャンガキタ──∵・(゚∀゚)・∵──ッ!!
    お金貰ったらさようならじゃなくて本当に良かったありがとうございます!!
    何の用かは出てきませんでしたが何か企んでるのでしょうね。
    というかびーけーですって(〃゚艸゚〃)


    なんだか今週先週は怪しい怪しい疑心暗鬼にはなったものの、ラロや貘さんが具体的に何を企んでるのかは予想できず、次号発売はもう明日だし、大人しく明日を待つことにします....(。-_-。)

    では今回はここらへんで、次回へ!

    拍手[10回]

    嘘喰い 第348話 -熊の背後- 感想

    今週の嘘喰いはまさかの萌え展開でしたねっ!!
    伽羅さんが出てきた時点で萌え漫画になるのは当然なのかもしれませんが・・・。
    あの人も再登場と同時に萌えキャラデビューまで果たし、どんどん盛りあがっていきますねヽ(゚∀゚)ノ

    それでは嘘喰い 第348話 -熊の背後- 感想 行きまーすε=ε=┌(o゚∀゚)┘






    まず最初のページのマルコがやたら美人です(〃゚艸゚〃)
    今週は彼の出番はこれで終わりなのですが、ここで既に私のテンションはかなり上がっていたのでこの後本当に大変でした_ト ̄|Oハァハァ


    ついに伽羅さんの付き添いの立会人が明らかに!!

    鷹さんもとい花ちゃんキタ────∵・(゚∀゚)・∵────ッ!!
    参拾號になったんですね。メカの拾號は既に誰かが埋めたのでしょうか??
    課長が拾號な気がしないでも無いですが、彼は立会人と言うよりは掃除人向けだと思うんですよね・・・。門倉さんは、伽羅さんを連れて来れた事に対し花ちゃんを結構評価してましたが、これは凄腕ルーキーの拾號がさらに難易度高そうなジョンリョに付いてるって事でしょうか??

    伽羅さんは迎えのリムジンで花ちゃんに沢山御馳走してもらったみたいですが、食い散らかさずにちゃんと空いた皿を重ね、最後にちゃんと手も合わせて「ごちそうさま」までする伽羅さんにキュンキュンしすぎて雌豚になりそう(*´Д`*) '`ァ'`ァ
    さすが元零號の男、あらためて惚れ直しました(〃´ω`〃) 
    「長い間睡眠も食事もろくにとってなかった」と言ってますが、328話の再登場でゲッソリして見えたのは気のせいじゃなかったんですね。

    というか花ちゃんと伽羅さんは旧知の仲だったんですね∑(゚ω゚)
     香港時代の伽羅さんと花ちゃん。花ちゃんも香港にいたのですね!! 突然出てきて台詞等も無いけど、なんだか暖かくて心がホッコリするコマです(*´ω`*) 伽羅さんが時々見せる萌え優しさには花ちゃんが結構影響してたのかもしれません。
    ロクに箸も使えずラーメン(?)にがっつく少年伽羅が可愛過ぎます(〃゚艸゚〃)
    そして花ちゃんは昔から絵羽目蓋だった訳ではなく、体格もスレンダーだったのですね・・・ドーラの法則恐ろしや・・・(((;゚;Д;゚;)))

    賭郎に命を狙われてる身なんだし、賭郎の人間に出された食事にが盛られてるとは考えないのか、と花ちゃんに聞かれた時に、伽羅さんは「だったら俺は死んで負ける」「そうならないと賭けただけだ」と答えてますが、花ちゃんの問いの前に「ちょっと寝るぜ」「いや・・・たっぷり寝る」「起きたらまた食う」なんて言ってるし伽羅さんは結構花ちゃんの事信用してるんでしょうね。

    伽羅さんはジョンリョのせいで相当ピリピリしてただろうし、門倉さんの言うとおり並の立会人では伽羅さんに近づくのは相当キツかったと思うのですが、まさかちゃんみだは伽羅さんと花ちゃんの関係を知っていたのでしょうか??いや、さすがに考え過ぎかな(●-∀-●)ゞ

    花ちゃんが(でも まだ青い)(アタシがそのつもりなら アンタはもう死んで・・・)なんて考えてると、なんと急に伽羅さんが花ちゃんの横の席に移動し
    「おい 頼むから寝させろ」「俺がその気ならアンタもう死んでるぜ」

    伽羅さんが動く気配をまったく感じ取れなかったのでしょう、戦わずして自分が暴で劣る事を理解した花ちゃん。
     ムゥゥゥゥと拗ねますが、この1コマだけならなんともないのに、何故か凄く可愛く見えるから不思議。ちなみに、私の中ではここで花ちゃん萌えチャラ認定されました(。-艸-。)

     「極楽へ連れていってやるよ」

    ちょっ・・・( ゚艸゚) まあ伽羅さんみたいなのにこんな風に横に座られたらそうなる気持ちもよく分かるけども、これは花ちゃんは本気で勘違いしたのでしょうか??覚悟を決めてのムゥゥゥゥなのでしょうか?? それとも伽羅さんが格上だと頭では分かっているものの、まだBOYだった頃の伽羅さんも知っているのでなんか気持ちの上で割りきれずにムキになってからかってしまったのでしょうか??
    伽羅さん的には、まだ納得した様子が無く また話しかけてきそうな花ちゃんが気に入らなかったのでしょうが、花ちゃんとしては最後に伽羅さんに「寝るぜ」と言われてからは黙っていたのに思っていた事を覆されたので、それでムゥゥゥゥとなり からかってみた、の方がっぽいですかね。
    どっちにしろ、たまらず道路のど真ん中だろうが車外へ逃げ出す伽羅さん可愛過ぎ(*´Д`*)

    この後の花ちゃんの(アイツはまだまだ漢とは言えないね)と門倉さんの(さすが 元密葬課と言った所か)がまた妙に繋がってて笑えます(。-艸-。)
    抱いていいよ発言そのものもですが、花ちゃんが どういうつもりでそれを言ったにしろ この後かなり気まずい空気になったのは確実で、そんな中伽羅さんを無事島まで連れてくるのは流石だと思います。

    後、逃走した所を再び花ちゃんに捕まえられて「冗談だよ、アンタもまだまだBOYだね」と言われイラッときつつ赤くなる伽羅さんを見てみたいです(。-艸-。)


    そして闘技場に戻って、いよいよラロと貘さんの勝負方法ですが、やはり伽羅さんとロバートKどっちが先に100秒クリアするかの賭けになりました。後、伽羅さんはやはりキャットだったっぽいですね(。-艸-。)

    20万Bios賭けると言う貘さんに、ようやく貘さんが昨日も闘技場に来ていた事を悟るラロ。まあ昨日に比べてアンタッチャブルのオッズが低い事は理解していたみたいですし、まったくの予想外ではなかったのかもしれません。
    ちなみにラロの全財産は約10万Biosしか無く、貘さんとラロ、お互い10万Biosを賭ける事に。

    さらにここで残念な情報が。
    なんと、アンタッチャブルラインのBet額は1ゲーム1人3000Biosまでと縛りつきだったみたいです!!
    これだと貘さんもラロも9万Biosしか稼げません。
    私的にはトビ太とパチャンガもまだ市民になってなくて、貘さんに貰った1万Biosの残りから3千Biosづつ伽羅さんに賭けてて、ついでにマルコも合わせて4人で36万Biosという展開だと嬉しいのですが、これでもラロの10万Bios足しても貘さんの全財産は約65万Bios、王を目指すにはまだまだ少ないですね・・・。

    それにしても、ラロの(大丈夫・・・私はロバートKに賭けます・・・さんじゅう)という台詞が気になるのですが、さんじゅうって30ですよね?何故ひらがななんでしょう??というか何の30なのでしょう?ロバートKのオッズの30倍を意味するにしては ひらがなにする意味が分かりませんし・・・
    まぁこれは来週明らかになると信じて、本編戻って昨日に続き今日もアンタッチャブルにハンターがやられていくのを見てパニくるぺルぺスざまぁ(。-艸-。)

    貘さんとラロの勝負の事はまだ知らないのでしょうがアンタッチャブル同士で戦い始める伽羅さんとロバートK・・・というか、伽羅さんから「おい、そろそろ 弱い者いじめはやめようぜ」と攻撃してるのですが、どちらかというとロバートKは弱い者いじめをしてたハンターをボコしていて、弱い者いじめは嫌いに見えなくも無いのですが・・・
    なんいせよ右側だけ滑骨種美の実況がすごくいいですっ!!
    「まさか目付きが気にくわなかったのか!?」とかヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャ

    とりあえず暴は伽羅さんの方がやや上に見え、タイムも伽羅さんが2秒リード。
    最後伽羅さんにロバートKが吹っ飛ばされて終わってますが、最後のコマのイノサンに出てきそうなラロが、驚いてはいるんでしょうが なんか焦っているようには見えないんですよね・・・
     準ボスキャラなのだし、序盤の割と小さい賭けとはいえ ここであっさり負けるとも思えないので来週もう一波乱あるのでは、と思います。
    でも私的にはロバートKでは伽羅さんを負かすには役不足な気がするし、花ちゃんの回想の弱肉強食の話での、「熊」は滑骨でその後に伽羅さんを殺りに来るのはジョンリョと感じたので、ロバートKはここで普通に負けてしまうのでは、なんて思いました。その方が今の所実質的に4人組の貘チームと釣り合いますしね。そして実はラロはロバートKの負けをもカバーしてしまう策を隠していた・・・なんて(。-艸-。)
    まあまだロバートKの仮面の下も割れて無いですし、分かりませんけどね。

    後、立会人達の伽羅さんに対する期待が半端ないです!!ちゃっかり皆伽羅さんに賭けちゃってるしヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ
    元とはいえ、零號に対する信頼が感じられて良かったです。ただ磨黒さんでも同じだったのか少し疑問です・・・(。-艸-。)

    そして花ちゃんの「伽羅・・・希有で 極上のモノ・・・か」が何かエロいと思うのは単に私が汚れてるからでしょうか(●-∀-●)ゞ


    こんな感じで今週は伽羅さんづくしで大満足でしたが、相変わらず読み終わった瞬間から来週号が気になりまくる嘘喰い、
    ロバートKの仮面の下を期待しつつ次回へっ!

    拍手[24回]

    嘘喰い1巻~3巻(第4話~23話) 廃ビル編感想

    例のごとく途中でタワー編読みだしたりして、前回の 廃ビルを編時系列で整理 からちょっと間空いてしまいましたが、ようやく更新する事ができました。

    マルコ夜行さんが初登場する廃ビル編は、実は唯一貘さん自らが、ある意味最初から肉弾戦挑んでくる武闘派を相手に勝負を受けた話でもあるんですよね。

    今回の感想もまた、殆ど私の勝手な解釈によるものなのであくまで参考程度にお願いします。
    またネタバレや廃ビル編以降のエピソードも読んだ上での考察も含まれますので漫画未読の方向けではありません。

    ではでは嘘喰い廃ビル編感想行きまーすε=┌(o・∀・)┘






    まずはB級ホラー映画の様な冒頭のシーン、初めて読んだ時は「あれ、コレってギャンブル漫画でいいんだよね(´・ω・`)」っとなりました。特に単行本で読んでいたので、3話ラストでエロビデオで和んでからの不穏な空気漂わせる貘さんにビクっとなった所で「俺の血だぁ~」ですからね。
    嘘喰い読む前にもギャンブル漫画はいろいろ読んできましたが、4話目にしていきなりこの流れは新しいと思いました。

    冒頭の「カッカッカッカッ」でもう真っ黒なんですが、一千万出してからのQ太郎が危なすぎる・・・のに貘さんが妙に落ち着いてるのでここらへんはドキドキはしたものの割と安心して読めました。

    そしてマルコの初登場っ!!この時はまさかコイツにこんなに萌える事になるとは夢にも思いませんでした。
     

    Q太郎がゲーム(?)を賭郎に仕切って貰おうと言いだした時の般若の様な貘さんの顔は、最初は賭郎に対する復讐心とか負の感情によるものだと思っていたのですが、後から読み返すと、実は据え置かれた命の取りたてを実行されるか否かの勝負に出ていたのではないか、と思いました。もしこの日来た立会人が判事とかだったら貘さんはここで殺されていたかもしれないのですよね。「いずれとは思っていたけど早くも来たかっ」って感じだったのではないかと思います。
    そしていざ夜行さんが来て、命の取り立てについて何も触れられなかった時のこの顔は、「ふーっ第一関門(マルコ)の前にこっち先にクリアしちゃった」とか思ってたんじゃないかな と思いました。
    思えばここで夜行さんが貘さんの命を取り立てなかった事によって、貘さんはこの後もラビリンス編まで一応堂々と賭郎の前に出られたのですよね。密かに貘さんの事を気に入ってた夜行さんに当たるとは、貘さんは運はあまり無いけど出会い運(?)だけは結構いいのかもしれません。
     いや、伽羅さん除く当たりの立会人の時は常に梶ちゃんもいたので、KAJIの御利益に与ってただけなのかもしれませんが・・・。

    突然昔話というか自慢話を始めたりと、最初からうっすらと茶目っ気を漂わせる夜行さん。賭郎に対する誇りもうかがえますね。
    そして初期夜行(A)は今ほどグルグル眉毛じゃなかったのですね。ちなみに4巻からはちゃんとクルンしてました(。-艸-。)




    少しもめたものの、貘さん&梶ちゃんはビルから脱出Q太郎は2人の脱出を阻止という内容でゲームスタート。

    エレベーターの故障で階段を行くしかない貘さん&梶ちゃん、さっさと降りてビルを出ようと言う梶ちゃんに、貘さんは
    「階段ってのは続いてるだろ」「暗くても登れるさ」
    「とりあえず屋上だ」「置いてくぞ」なんてちょっとかっこ良さげに言ってますが、置いて行くどころか なんと体力無さ過ぎて階段登れず梶ちゃんにおぶってもらう始末!!ヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ
    貘さんの貧弱さもすごいけど、現金一千万円+男一人背負って5階から3階上の屋上まで階段駆け登る梶ちゃんも結構凄いと思います、そして何より良い人すぎると思います!!普通おんぶなんてしてあげませんよ (´・ω・`)


     屋上に兵を送り込み興奮しだしてからのQ太郎すごくいいですね。迫先生がたまに出してくるちょっと抽象的な絵がすごく好きです。Q太郎は敵としてはあまり大した事ありませんでしたが、ゲスくて変態でテンション高くてキャラはすごく良かったです。

    そして貘さんが屋上で刺客を見事返り打ちにした時に、夜行さんがちゃっかり嬉しそうにしてるのがいいです。Q太郎の事嫌いというのもあると思いますが、何だかんだ言って貘さんの事好きなんでしょうね。
     「・・・歩が・・・飛車に勝ちましたな・・・」フッ

    一方刺客撃沈後、銃を目の当たりにしてパニックになる梶ちゃん。
    普通なら後ろにナイフ装備のゴッツイ奴控えさせた狂ったおじいちゃん「一千万持ってビルから出てみる?」なんて言われて素直に受けたりしないと思うのですが、梶ちゃんの場合は隣に貘さんがいる事によって麻痺してたのでしょうね。そしてようやく現実を見つめる事になったものの耐えられず、ヤクザのおっさん道ずれに壊れようとしていた所を貘さんに撃たれた事で踏みとどまれたのですね。おっさんは粛清されましたが(。-艸-。)
    ここで貘さんは「ちょっとした作戦でね・・・あとで活きてくるんだよその傷が・・・」と言ってますが、これは梶ちゃんが思った通りというか照れ隠しで、貘さんはビル脱出ゲームの攻略に梶ちゃんは必要と考え、梶ちゃんを助ける為に撃ったのだと思います。

    そしていよいよ次は6階でのvsお面顔ともう一人の兵です。


    数メートルで息切れする貘さんっ(〃゚艸゚〃)
    トラップ解除も梶ちゃんにやらせればいいのに。

    お面顔ら2人の兵も、あっさり仕留める貘さんですが、本編でもちゃんと図解されてるにもかかわらず、ここの動きは「廃ビル編を時間軸で整理」の方の記事書いてやっと正確に分かりました(多分)。あらためて読むと本当に貘さんすごいですね!貘さんのこの、敵の土俵で敵の罠を逆に利用する戦い方が読んでいて凄く爽快で好きです。


    夜行さんに貘さんがあの嘘喰いだと聞かされテンショングイーになったQ太郎が、
    「嘘喰いに勝てば わしは嘘喰いを超えた存在になれる!!」
    「そうなれば賭郎の頂点に立つ事も夢ではない!」
    とはしゃぎまくってるのを前に「アホかコイツ」って感じでクールに目を閉じてる夜行さんが素敵ですヽ(〃v〃)ノ

    本気になったQ太郎はいよいよロデムを発動させる訳ですが、「起きろ」・・・って今までマルコは寝てたんですねっΣ(〃゚艸゚〃)
    嘘喰いパーティに加わってからもですが、マルコは本当によく寝ますね(*´ω`*)
    いつから寝てたんだろう・・・まきびし持ってた兵の前あたりまでは一応目光ってたし起きていたと思うのですが。威圧感ありありの仮面マルコでしたが、あらためて読むと仮面してても既に萌えます(*´ω`*)

    すざましい勢いで戦闘不能になった兵2人を殺し、顔がお面の人も蹴破ったドアでぺシャンコにするロデム。マルコのアクロバットな動きも迫力満点ですが、特にペシャンコになったお面の人の死に様が惨たらしいです・・・まぁ本編にも有る様に、彼らは死罪になって当然の、趣味で人を殺す非道な殺戮者な訳ですが・・・|ョ゚Д゚ll))
    それにしても、一歩間違えばこれ潰されていたのは梶ちゃんですよねっ;;やはり彼は結構強運なんですね。
    そして後片づけは誰がしたのでしょうか??まさか貘さんが梶ちゃんにやらせたとか・・・!?彼なら「ひぃ~勘弁して下さいよ」とか言いつつ従いそうですが、それだと死体遺棄で一応犯罪だろうし、やはりいろいろ面倒だろうけど警察に通報して処理してもらったのでしょうか??

    さすがにロデム級の暴は予想外だったのでしょうか、その圧倒的な暴を前にすら感じた貘さんは、まさかの鼻血出して目をキラッキラさせて「楽しいっ!!!」
    30巻でも思いましたが、彼も実は結構な変態ギャンブルジャンキーですよね。

    ここで殺しておけば勝てたのに、Q太郎は逃げる貘さんと梶ちゃんを追わせずにまず最後の兵を始末する様ロデムに命令します。本気で嘘喰いを仕留めにかかったにもかかわらず、未だに「奴らは主菜(さいご)じゃ ロデム」なんて言ってるあたり、最初に貘さんの言った通りQ太郎の歪んだ欲望が敗因に繋がったのですね。
    それと、最後の生き残りとなった兵がロデムを前に「よくも仲間を・・・」なんて思っているのですが、彼らにも他人を思う心はあったという事でしょうか??

    一方、貘さんは逃げる途中から再び梶ちゃんにおんぶしてもらってたみたいですが、梶ちゃんは本当に優しいですよね。

    発信機を仕込まれた場所のアテを外してしまう貘さんですが、梶ちゃんのキモ冴えた発言で見事正解を導きだします。でもこれは梶ちゃんがすごいというよりは、瞬時に「金を捨てたようなもん」最初のポーカーで貰った小銭とできる貘さんの思考回路の方が冴えまくってるきがします。
    さらに「梶ちゃんってキモくてダサイけど 冴えてんねー」「キモサエてるよー」
    と貘さんに言われたのを、「?」「キモ 冴えてる?」
     とできる梶ちゃんの思考回路も素晴らしいですっ!!
    時々出てくる彼の調子乗った「キラッ」が大好きですヾ(*゚∀゚*)ノ

    夜行さんの思考に、
    「ギャンブルとは その10%は自分に起こる何かであり・・・」
    「90%はそれに対していかに対応するか・・・というもの」
    とありますが貘梶コンビの場合、梶ちゃんが10%の所で勝つ為の何かを運んで来、貘さんはそれを残りの90%で使って勝ちにもっていく感じなんだなと思います。


    さあ そしていよいよ嘘喰いvsロデムです!!

    ロデムを鋼鉄線の罠にかける為、わざと転んだふりをしたりする梶ちゃんですが、ロデムみたいなのに追っかけられながら よくこんな演技できますよね。貘さんが側にいるというのも大きいかもしれませんが、この頃から結構度胸あったのかな。

    人生は勝ち目の無い賭博のようなもの
    誰もが最後はそのゲームの権利を失うように出来ている

    という(多分)夜行さんの思考がとても好きです。

    貧弱な体で、自分より圧倒的に強いロデムの前に立ちはだかる貘さん。まあ実は準備万端だからこその自信だったのでしょうが、一見絶望的な状況なのに貘さんの不敵「来い!!」一つで不思議と安心してしまいます。

    まきびしで罠の可能性を臭わせ、さらに仕掛けたペン型盗聴器の存在でQ太郎を動揺させる貘さん。ここからの、Q太郎に盗聴器の事を黙ってたのを咎められた夜行さんが最高すぎますヾ(*゚∀゚*)ノ

    まず、「Q・・・九重様は勘違いなさっておられる」
    ずっと心の中でQ太郎って呼んでたからつい言葉にも出ちゃったんですね!お茶目さんな夜行さん最高っヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャ
     Q太郎にもバレてる様ですが、あくまで白をきる所も素敵です(*´ω`*) Q太郎は自分のあだ名の事知ってるのでしょうか??
    そして
     
    「お前もジジイだろが!!」

    もうキャッハーヽ(゚∀゚)ノって感じですねっ! 夜行さん最高っ!!
    そして夜行ABはやはり兄弟なんだなぁとも感じました(。-艸-。)


    マルコに、さっき殺されたQ太郎の兵の死体を鋼鉄線のトラップ目がけて投げつけさせ、貘さん達の策は全てお見通しと勝利宣言するQ太郎は、貘さんらが死を覚悟したと思いこみ偽りの慈悲を見せ再び生への希望を持たせた所を殺そうとします。
    それにしても最初思ってた以上に酷い性癖ですね。死を覚悟した人間が再び生きたいと思った所を殺すと興奮するとか・・・ちなみにそんなQ太郎を軽蔑している夜行さんももしかしたらQ太郎と同じくらい人を殺してきているのでしょうが、夜行さんは彼なりの正当な理由で彼自身の死も覚悟の上での事だからか、人殺しを肯定する訳では無いですが夜行さんは殺人鬼とは違うと思うんですよね。

    そしてここからの貘さんと梶ちゃんの「俺はいいけどコイツだけは助けて」の押し付け合いがいいですね。何故か生への執着をみせない2人に動揺し、まんまと貘さんの嘘に引っ掛かりさらにはロデムを殺されたとまで勘違いしてしまうQ太郎。
    貘さんが発砲した瞬間何故ロデムからマルコに戻ったのかはついに分かりませんでしたが、「ボクは・・・誰だったの?」で切なくなりました(´・・`)
    初めて読んだ時の、まだマルコがQ太郎の実の息子だと思ってた時もですが、キチガイのオッサンに おそらく親兄弟や友人を皆殺しにされ、変な実験されて殺人をさせられ続けてきたマルコ。こんな重い過去があるからこそのあの愛くるしいマルコだと思うとアホみたいにキャッキャ騒げなくなりますね・・・騒ぎますけど。

    Q太郎は負けを悟り、証拠隠滅の為夜行さんを殺しにかかりますが「パーフェクト立会人夜行妃古壱」を知らないのでしょうか??あっさりQ太郎を撃沈する夜行さん素敵ですっ(〃´▽`人)ちゃんみだのもそうですが、ポッケに手を入れたままの状態での足技がカッコ良くてすごく好きですヾ(*゚∀゚*)ノ


    ついに全ての兵を封じ、完全に有利な立場に立った貘さんの反撃が爽快です。
    「俺に狩られる事無く」「生を掴み取ってみろよ」
    のコマがすごくいいです。
    それから貘さんの「這い上がってこれる所は 地獄とは言わねーって事を・・・」
    もなんか響きました。

    そしていよいよ貘さんの声真似発動ですが、貘さんは暴以外のあらゆる技術を身につけてますよね。賭郎会員になる前の貘さんにすごく興味があります。

     回想の暗視スコープを装着した素敵な笑顔の貘さんは置いといて、追い詰められたQ太郎をロデムが本当に殺してしまう寸前でマルコを呼び戻し、マルコにちゃんとQ太郎と向き合うチャンスを与える貘さんはやっぱり優しいのですね。
    にしても貘さんはどうやってロデムからマルコに切り替えているのでしょう??「聞こえるなら出て来い」と言ってますが、声かけで戻るとは思えないですし、一定時間経ったら戻るとかそんなんでしょうか??

    今迄自分を散々酷い目に遭わせてきて、しかも実は父親ですらなかったQ太郎を結局殴らなかったマルコ。過去にも雹吾に「おとーさんをいぢめルナー!!」と怒っていたし、こんな外道でもマルコにはだったのでえしょうか。
    マルコの「あ゛あ゛っ」「あっあなたはっ!!」から貘さん達皆の「嘘つき」「だね!」へのシンクロが好きです。

    見事Q太郎を無力化し、あとはのんびりビルから出ていくだけの貘さんと梶ちゃんですが、貘さんに興味津津でタネ明かしを求める夜行さんが可愛いです。貘さんのペン型盗聴器を拾ったのもですが、夜行さんは本当に好奇心旺盛なおじいちゃんですね(。-艸-。)

    さぁそして最後の仕上げというか貘さんの真の目的であるロデム入手ですが、絶望するマルコに貘さんは微笑みながら「ただ俺は・・・人を殺せなんて言わない」。これに救われた表情のマルコがいいですね (*´ω`*) 迷宮編読むまでは貘さんのこの笑顔も少し疑っていたのですが、やはり本当に救おうとしていたのでしょうね。実際これ以降は貘さんが自らロデムを発動させる事はありませんでしたし。
    これは 「殺人鬼のロデムなんていらない」と言う貘さんは、予めマルコの事も知っていたということなのでしょうか?

    そして無事ビルを脱出する貘さん一向ですが、自分がすごい事に巻き込まれているとも知らずに 無邪気にはしゃぐ梶ちゃんがいいですね(*´ω`*)
    後のトビラ絵のせいで、どうしてもここで吹いてしまいます(。-艸-。)

    夜行さんに、前回の屋形越えの目的を聞かれ「世界平和」と答える貘さんですが、たしかに賭郎、特に暗謀を設立し密葬課をも手に入れた今の賭郎なら世界平和も夢じゃない気もしますが、どこまで本気なのでしょうか・・・?そしてハルの事があった今は変わっていたりするのでしょうか??
    なんにしても夜行さんの笑顔が素敵です(。-艸-。)

    一方騒ぎを嗅ぎつけたのか後からやって来た鞍馬組に結局殺されるQ太郎は、最後の最後まで低劣でしたね。

    人を殺すと言う事は 殺し合いの螺旋に自らの身を置く事

    というナレーションが深いですね。嘘喰いの中の多くの暴担当のキャラが下衆には見えないのはこれを理解しているからなのかもしれません。


    廃ビル編を読んでの感想・考察はこんな感じですが、思っていたよりもかなり長くなってしまいました;;割と短い廃ビル編でこの有り様なのでこれから先は感想も前半後半に分けたりした方がいいのかも・・・それ以前にもっと短く文章にまとめる力をつけるべきなのかもしれませんが(●-∀-●)ゞ



    ではでは今回はここらへんで、次回セブンポーカー編へ続くっ!!



    ●関連記事

    →嘘喰い1巻~3巻(第4話~23話) 廃ビル編を時間軸で整理



    拍手[17回]

    嘘喰い 第347話 -鉄板- 感想

    今週の嘘喰いはあの方もこの方も期待通り過ぎて、もう私のテンションのリミッターは外れっぱなしです!! もし手元にアンタッチャブルラインあったら引きちぎってましたよw(*゚ロ゚*)wウオーッ!! まあそんなもの無いのでとりあえず帰りのバスをいつもより1駅前で降り、ハイヒールなのに重い荷物持って家まで小走りで帰ったら靴ずれ起こしました(●-∀-●)ゞ
    先週はワクワクと同時にいろいろ不安もあったのですが、なんと今週たったの1コマ全て解決されました(。>∀<。) 今週の主役は間違いなくあの方ですね!!

    それでは嘘喰い 第347話 -鉄板- 感想行きまーす。+⌒Y⌒Yヾ(*>∀<)ノ





    まずは先週奴隷の返り打ちにあったつね男から。先週は普通に殴りとばされたのだと思ってましたが、つね男の攻撃をかわした奴隷ウズ(。-艸-。)ウズは後ろに回り込んでつね男の腕を掴み、なんと無理やり操ってつね男の仲間2人を攻撃、1人のHPが0になりインナーの電撃を食らうと、今度はそっちを操りつね男のHPを0にしてプレイヤーキル(同国のプレイヤーを攻撃)を演出。奴隷はペナルティを食らわずに済むという訳ですね。ちなみにもう1人のつね男の仲間は逃げた様です。
    プレイヤーキルをすると運営に信号が行くようで、つね男はテイパー警備隊とかいう人達に逮捕されます。
    警備隊の構成員はああああみたいな外部からの雇われ人なのでしょうか??
    チビの方、怪しくていいです(∀)
    伽羅さん達の暴に圧倒されて慌てる所を見てみたいです(∀)

    先週何故つね男の仲間が奴隷を襲う事に「ヤバいって」と言ったのか分からなかったのですが、なる程プレイヤーキルのルールを忘れていました(●-∀-●)ゞ
    奴隷も一応同国のプレイヤーですもんね。

    それにしても、かつてチャンプを倒しつつプレーヤーキルで逮捕されない為に手の込んだ事をしたつね男が、借金に追い詰められお尋ね者になる事も構わずにプレイヤーキルをしようとした結果強引にプレーヤーキルで倒されプレイヤーキルで逮捕とか皮肉ですね。
    まあもし仮にプレイヤー襲いまくって借金返せたとしても、つね男じゃああああレベルには勝てないだろうし、島から無事に出る事はできなかったでしょうね・・・

    最後、殺られる間際のつね男の血迷った台詞、
    「俺と組まねぇか?」「俺と組めば最強のコンビになれるぜっ」に対し、

    奴隷:「俺は強者・・・で・・・この世は 弱肉強食なんだろ?」

    こっこれは・・・!!(〃☆艸☆〃)
    と血圧が急上昇した所で画面は一旦闘技場へ。焦らしやがってヾ(*゚∀゚*)ノコノッコノッ


    どんよりムードのチャンプ達。「1回だけ耐えれば解放」ということで昨日死ぬ気で頑張ったのに、今度はボロボロの体でアンタッチャブルラインよりさらにヤバそうメインステージなる物に出なきゃいけない、これはテンション下がりますね。
    でもトラボルタは相変わらず能天気ですね。
    「メインステージでわざと負けて500ビオス払って自由になればいいじゃん」
    と発言するも、荒れ荒れのりゅうせいから「メインステージの内容分からないし、無キズで負けれるわけないし、ぺルぺスが買い戻しを受けてくれるかも分からない」と怒涛のつっこみを受けます。

    というかトラボルタがりゅうせいに「トラ」って呼ばれてるんですけどっ!!
    トラッ!トラッ!!ヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ

    一方チャンプは、「俺の・・・せいじゃない」「こんなの・・・無理だって・・・」「理不尽すぎるよ これ」等と思ったよりも落ち込んでいて、「これは誰のせいだ・・・?」
    「こんなになる前に俺達を救わなかったからだ・・・」という台詞に、チャンプまさかのあっち向いてホイ以前のイジイジモードに戻ってしまったのかと焦らされた所で場面は闘技場観客席へ。

    いよいよ貘さんの前にラロ現るっ!!
    マルコと闘技場の観客席に来ていた貘さんの隣に座るラロ、ズボンと上着はやたら立派なのですが、中はインナー1枚という格好です。別に外国の方をバカにしている訳では無いですが、なんかすごく っぽいなぁと思いました(。-艸-。)

     ラロの座り方いいな。貘さん、画鋲仕掛けとけばよかった~とか思ってたりして(。-艸-。)

    「君も今日が初の闘技場かな?」というラロに「・・・まあね」といきなりをつく貘さん、余裕な態度をとっていますがやはり結構慎重になっているのでしょうか。

    そしてラロは貘さんに、上級職に就くまで一旦協力し合わないか、と申し出ます!
    じょっ上級職だとっ!?∑(゚д゚ノ)ノ

    さらりと登場したラロに付いてるっぽい南方によると、ラロは初日にアズラの奴隷宿で大勢の市民相手に荒稼ぎした挙句奴隷に落とし、市民どころか現在は既に一般職に就いてるのだそうです!!
     後、気になってた門倉さんの傷もさらりと登場。結構生々しいですね。髪の毛が生えてきたとしても、整髪料とかは当分使えなそう・・・


    ※ここでちょっとプロトポロス階級アップルールの復習。

    1万ビオスで奴隷から市民
    レベル20以上で市民から一般職(戦士・魔法使い)
    レベル50以上&10万ビオスで一般職から上級職(騎士・司祭)
    レベル80以上+騎士以上の3分の2の支持で上級職から王
    うーん市民からどうやって経験値を稼いだのか謎ですが、もしかして敵国の市民を倒しまくったのでしょうか??

    それにしてもラロさん さすがえげつないですね。ラロがレベル80になるまでに王への投票権のある騎士にはなれそうもない市民なんてどーでもいいただのってことでしょうか。これは、現在既に上級職ツワモノプレイヤー達を味方につけて勝負に挑むラロvsへぼへぼだった奴隷達成長させ絆を深めつつ勝負に挑む貘さんって感じの構図になりそうですね。これは熱くなりそうだっ((p゚∀゚q))ワクワク

    ブラフかもしれませんが、既に一般職というラロに動揺を見せる貘さん、それを見てラロは
    「今の話は忘れて下さい」「あなたは まだ私と取引を出来るレベルにいないようです」
    「まさか未だに 市民どまりだとは」「何か狙いがあるのですか?」

    すると貘さん まさかの「市民じゃない」「まだ奴隷なんだよね」

    天使マルコのハンドサインに悶えてる所に、貘さん:「大して変わりはしないよ・・・今日なるのも明日の・・・」
    「メインステージが終わってからなるのも・・・」

    ばっ・・・貘さんっっっ!!!(〃Ω艸Ω〃)
    もう心臓爆発するかと思いましたよっ!! 何という事だ、悪魔のふりして根っこの所では仲間思いな人なんだなぁとは思ってましたがまさかここまでとはっ!!
    一緒に勝利を味わう為、皆を信じて待ってるとか いじらしすぎます!!
    ラロが何か狙いがあるのか、と聞いてましたが、彼からしたらきっと意味不明な理由なんでしょうね。でもこれこそが勝敗を分ける鍵になったりして。

    これは是非貘さん達に勝って欲しいですね!!というかみんなで市民、いや騎士になってる所を早く見たいです!!o(*>ω<*)o


    そして場面は突然素性を明かし出すチャンプこと19歳で家電量販店に就職したものの3年で辞めてニートに転職、現在29歳の土屋剛に移ります。
    思ってたより歳いってたΣ(゜゜)

    さっきは なんかまた貘さんに責任押し付け出したかと焦りましたが、
    「他人にだけ誠実さを求め生きてきた」「今に至るまで俺は事ある毎に」
    「無理だ」「理不尽だ」「俺のせいじゃない」
    「この呪文を唱え続け逃げ道を進んだ」「呪文の代償はじわじわと自分に返ってきたよ」
    「とても 腐った苦しみだった・・・俺 決めたんだ」「同じ苦しむなら・・・これからは」
    (´;ω;`)ブワッ

    貘さんに貰った「届かない夢」だった1万ビオスを握りしめ、ようやく前に進みだすチャンプ胸熱すぎて・・・さっきの貘さんとのコンボも見事に決まり、本当心臓発作起きるんじゃないかと思いました。
    最後の最後で貘さんに出会えて良かったねチャンプ(´;ω;`)


    まだまだめまぐるしく場面は変わり続け闘技場、本日のアンタッチャブルラインへ。

    ああああぁぁぁぁぁw( ゜ロ ゜)w いきなり 私のああああ瞬殺されます!!
     なんか足が変な方向に曲がってないかっ!?と思いやってみたらなんか出来ましたが、仮に怪我してたとして むしろその方が運営から暇を出されてなんやかんやで逆に貘さんに協力する可能性が高まるのでは?とご都合な妄想してみました(●-∀-●)ゞ

    そしてついに・・・!!!
     Robert・K登場っ!!
    はっちゃけてるけどなんか不気味鳥仮面がすごくいいですっo(*>∀<*)o
    ラロの協力者な訳ですが、金髪っぽいし我が世・梟では無さそうなので残り2人の内の1人でしょうね!!ちなみに彼はまだ市民のようです。
    というか市民でもアンタッチャブルライン出れるんですね!!

    後、ラロの口ぶりから、今日のアンタッチャブルラインに出てるラロの協力者はロバートのみの様ですが、はどう見ても非・戦闘員なので置いとくとして残りの黒塗りジョンリョはまだ入卍してないのでしょうか?もしくは落ち合えてないだけ??
    後はBANされて出場権を得られなかったとか・・・?ジョンリョだけならともかく、ラロがそんなお茶目さんを2人も呼ぶとは思えませんが・・・

    とりあえず本編戻って、

    ラロ:「自分の協力者を闘技場で闘わせて 自分はその協力者に賭ける・・・」
    「闘技場とは何とも楽なビオス稼ぎの場だ」「君もロバートKに賭けていれば勝てたのにね」
    「日本で言う所の鉄板ってやつだ」
    と貘さんの「闘技場は初めて」という嘘を信じ切ってあくまで自分の有利を確信してるっぽいラロですが、

    貘さん:「そう・・・なんだ」

    (アンタッチャブルの部屋で)梶ちゃん:「チャンプさん」
    「覚悟を決めたならやり抜くだけです」「大丈夫です」


    ムッッキャ────∵・(゚∀゚)・∵────ッ!!

    「安全地帯?こんなもの必要ない・・・ここは弱肉強食なんだろ?」
    アンタッチャブルラインを豪快に引きちぎって我らが伽羅さん ついにつね男の脇汗の染みたTシャツで登場だきゃほーほーい⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)

    貘さんの「実は俺も賭けてたんだよね・・・鉄板ってやつに」って台詞についつい1人でドヤ顔してしまいました。
    嘘喰いを読んでると表情筋が鍛えられますね(。-艸-。)

    それにしても伽羅さん弱肉強食って言葉好きですねー(∀) つね男は弱肉強食って言った時点で既に伽羅さんに殺されるフラグ立ってたんですね。

    ちなみに今回のアンタッチャブルとそのオッズは、

    キャット30.0
    ロバートK30.0
    ガネーシャ 並‐ 40.0
    カロリー50.0
    センキチ30.0 
    運営昨日ので懲りろよと突っ込みたくなる様な適当さです。トビ太、りゅうせいより低いとは、伽羅さんのムキムキナイスバディが目に入らないのかっ!!

    さすがに並より下って事は無いと思うので、伽羅さんキャットセンキチだと思うのですが、伽羅さんは以前から人の事猫猫言ってたし、ツンデレらしく今は自分も貘さんの飼い猫という意味を込めてキャットだといいなぁ(〃´∀`〃) 
    でもまさかの本名センキチと言う可能性も・・・

    というか貘さんはゲーム開始前に伽羅さんに会ったのでしょうか?だとしたらマルコも伽羅さんに会った事になりますが、この2人が顔を合わせるのは廃坑編以来だと思うのですがマルコは伽羅さんの事を味方として認識できたのでしょうか??
    「お前はあの時の悪い奴!!」と襲いかかってたりして(。-艸-。)

    後、梶ちゃんにも伽羅さんの参加は知らされてたと思うのですが、チャンプがイジイジモードの時にひたすら黙ってたのは、チャンプが自分で立ち上がれると信じての事だったのかな(*´ω`*)

    そして貘さんは、自分含む奴隷8人市民にするのに81540ビオス、ついでに伽羅さんにも1万ビオス払ってさらに豪華な宿代や食事代引いても昨日の30万ビオスの内20万ビオスくらいは残ってたと思うので、仮に伽羅さんが並のどちらかだとして、このゲームで6百万ビオスも儲ける事になります!!
    チャンプがいれば、裏技とかで案外レベル上げもスンナリいくかもしれないし、実は貘さんよりラロの方が全然出遅れているのかも・・・!?

    今週はつね男の襲撃者チャンプ達の勝機貘さんのラロに対する対抗策という3つの問題を中心に話が展開していき、最後の最後で伽羅さんがドカンと全部解決というとても爽快な話の進み方だったと思います。

    最後に一つ疑問に思ったのは、卍内で敵プレイヤー同士が遭遇したらミニゲームをやるのだと思っていたのですが、どうするのでしょうか??
    単純に伽羅さんとロバートがまさかのアンタッチャブル同士で戦って、貘さん達はそれに賭けるとか??


    まぁとりあえず今週は、実はすごく仲間思いな貘さん前進するチャンプ、そして最強最良な伽羅さんでお腹いっぱいなのでここらへんで。

    次回へっ!!

    拍手[7回]


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]