忍者ブログ
マルコを愛でつつ漫画「嘘喰い」の感想等書いていきます。 感想というか考察メモみたいな感じでかなりネタバレ含みますので漫画未読の方は要注意です。 週刊の方の感想→多分毎週末更新、単行本感想→不定期更新です。
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    嘘喰い 第353話 -確執- 感想

    今週はとにかく乱心しましたーーー落ち着かなくて壊れたみたいに何度も何度も今週号の嘘喰を繰り返し読みまくっていたのでもうヤンジャンヨレヨレです・・・私はいつになったら安眠できるのか・・・まだ乱心してるのでとりあえず線の下まで飛ばしちゃってOKです(´∀`)b

    今週の嘘喰い読んだ後、とりあえず心の中で吐血するまで伽羅さん叫んでたんですがそろそろ落ち着いてきた気がすると思ってヤンジャン開いたらまた血が出てきた(ような気がするくらい実際はいたって健康体だけど動揺してきた)し、というか今週のヤンジャンはなんなんですかアレキサンダー先輩ー。゚(゚´Д`゚)゚。にさらにティンまで思い起こさせられ二重のダメージ食らい弱りきってる所をせっかくグールでちょっとワクワクゲージ溜まったのに伽羅さんに一気に0にされて死の間際でピクピクしてたら迫先生がまさかののん気に筋肉やっててカギューとヤンジャンのオアシスことうまるちゃんで回復してダミアンがやっとAdieuできて少し安らいだけどもう一回落ち着いてちゃんと読み直そうと嘘喰いに戻ってあえなく撃沈させられました。_ノフO あと横田先生はそろそろシャンとしなさい(`・ω・´) ふりかえってみたらそれぞれの漫画のネガポジ展開的に今週のヤンジャンはすごくバランスがとれてますね。私は何が言いたかったんだろう。
    結構省いて大分スッキリしたぞ。
    このくらいの愚痴は残しておいてもいいだろう(`・ω・´)

    それでは、嘘喰い 第353話 -確執- 感想始まりマースε=ε=┌(;´゚∀゚)┘






    まず今週はセンターカラーでしたねーヾ(*゚∀゚*)ノ
     
    来週発売31巻の表紙になるわけですが、新章ということでガラっと変えてきましたね・・・!!すごくいいと思いますヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャ
    以前誰かに聞いたのかどっかで読んだのか忘れたけど、誰かに嘘喰いのマークはバイオハザードのマークがベースになってると教えてもらったのですが、まさにそれを思い起こさせる感じのデザインですね。というかそれこそが嘘喰いという漫画のテーマなのかもしれませんが。
    でも綺麗だしカッコいいのですが、この絵見た後で今週の伽羅さん見るとものすごく不安になります・・・なんというか、この貘さん敵どころか味方にも危なそうに見えるのです・・・でも31巻に載るのはあっち向いてホイだから、伽羅さんは関係ないですよね・・・!!(`;ω;´)

    という事でセンターCの次は伽羅さんについて語りたいと思います(T T)

    結論から言うと、先週ので伽羅さんは頚動脈をエスパーダされてて血がすっごいぴゅーしてます。。。

     最初は伽羅さん殺気出しまくりでいい感じで始まったキャットvsベロニカで、伽羅さんは結構出血してて梶ちゃんもビビってましたが まあ伽羅さんなら大丈夫だろうと見てた所に貘さんが

    「伽羅さん・・・顔が見えないよ・・・」


    「でも 楽しくて・・・笑ってるのは分かるよ」

    なんかここの台詞言うときの貘さんの声がやたら鮮明に想像できました。
    ここ、ページめくる前はベロニカ予想以上に強くて、まさか貘さんが焦ってる!?と一瞬アホな考えが過りましたがページめくったらこの表情。なんか改めてこりゃ夜行さんも憧れるわなと、なんてカッコイイなんだと思いました。
    ギリギリの勝負になればなる程喜ぶ貘さんですが、分野は違えど似たもの同士の伽羅さんに対してこの状況を「顔が見えないよ」と不安で心配な気持ちもあるとは思いますが 、それ以上に喜んであげれる貘さんにトリハダでした。梶ちゃんやマルコとは違う「仲間」なんだなと感じました。

    でも貘さんがこんな顔しちゃう程ベロニカは強いのかーと不安になってたら今度は花ちゃんの解説。まさかの自らサーベルを無力化し捨てたベロニカを見て、花ちゃんは伽羅さんに奪われるよりはマシと考えてのことと取り、ムレタを奪った伽羅さんが今度は有利と実況。花ちゃんはすっかりリアクション&解説役が板についてきましたね。今までは暴の計りがぶっ壊れてる壱號しかいなかったけど、これからは暴パートの解説役は花ちゃんですね。
    伽羅さんのヒダリガイモンチョウチュウを食らったベロニカは血を吐いてかなり内蔵にダメージ受けてそうですが、伽羅さんの巨体を蹴り上げてふっとばし、その後の攻撃もかわしきります。あっさりサーベル捨てるだけあって、ベロニカは剣術だけではなかったのですね。
    なぜか吹っ飛ばされた後 手をついたまま起き上がってこない伽羅さんでしたが、ここらへんまでは花ちゃんが伽羅さんを持ち上げまくってるのもあり、甘ちゃんな私は腹の底では安心してました・・・ところがさらにベロニカのボディーブローっぽいのが決まり伽羅さんからムレタがはがれ落ちると、ガチな顔で貘さんが無慈悲にも
    「フェイクじゃない」「頚動脈・・・」「致命傷」
     
    そして伽羅さんのこの表情・・・!!
    本当に伽羅さん笑ってはいますが・・・私は思わず
     こんな表情になってしまいました。

    そりゃ、たしかに前々から熊の背後の話、伽羅さんの少年時代、貘さんの「伽羅さんは自分から姿を消すさ」発言、梶ちゃんの「無敵だ」発言、ラロの「今は一早く抜けるが吉」発言等と死亡フラグ乱立してましたし、さらに伽羅さんが楽しくて笑っちゃう=負けフラグなんですが、それでもまさか伽羅さんがここまでやられるなんて・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

    伽羅さん信者な私はワイアルド(人外)だってもっと首にぶっ刺さって「血がぴゅ~」でもくたばらなかったし、伽羅さんだって・・・そもそも本当は手切っただけなのを首に見せかけてるだけかもしんないし・・・等と自分に言い聞かせてみましたが、伽羅さんのこの顔見るたび絶望してしまう・・・伽羅さん楽しんではいるんだろうけど、なんだか笑顔に生命力、いつもの力強さが足りない気がするのです。゚(。pдq。)゚。

    でも、貘さんがわざわざ口に出してまで信頼してることを伝えたのに「いいぞ使いたければ使え」なんてベロニカにサーベル使わして余裕こいて挙句「負けました」じゃ伽羅さんの顔立たなすぎるので、ここはベロニカにはなんとか勝利したものの重傷で、物語からはしばらく退場、ですかね??ですよね!?勝負には一応勝利したけどそのまま・・・とかないですよね!?

    チラ見した31巻の表紙の左下にの文字が入っていて、デザインもガラっと変わったし いよいよ物語最終局面前という事もありこれはプロトポロス編長丁場になる気がしますが、こんな序盤で伽羅さん召されるとかやめてくれー><
    ここで伽羅さん逝ったら私さらに発狂しちゃうぜ<((自粛|||))>

    吹きながらプルプル震える手でページめくったら場はガラっと変わってラロのターン、嘘喰いの場の切り替えのタイミングは本当に絶妙ですね。私も気持ちをガラっと切り替えてラロの策略について考察してみたいと思います。
    やはりラロの目的はロバートKに島の位置を探らせる事にあったようですね!!
    ラロはできれば伽羅さんはロバートに始末させたかった様ですが、勝てなさそうなら貘さんに敗者追放の賭けを持ちかけるのでロバートもわざと負けろと前日に予めロバートに指示し、さらに手作りの六分儀で計測した太陽や星の位置とその時の時間のメモを手渡し、外に戻ったらメモの数値と天測計算表なる物を照らし合わせて島の位置を割り出す様に指示します!!凄い念の入れ用ですね。流石です。というかラロさん、実は伽羅さん負かすよりこっちが本命なんじゃ??
    後ラロと2人きりでも仮面装備のロバートがなんか笑えます(。-艸-。)

    ラロが島外でロバートに何をやらせるつもりなのかはまだ明らかになってませんが、ラロ曰く卍が貼られてまだ間もない今、まだ協力関係にない賭郎と運営のスキを突いて何かをやらかすつもりの様です。
    というかラロは何を企んでいるのでしょう??
    ラロ:「私の協力者の中で あなたほど知と暴を備えた工作員はいない」
    とか言ってるし、立会人を撒く以外の点でも困難なミッションなのでしょうね。
    後ちょっと脱線しますがまだ見ぬラロの4人目の協力者の期待値がガクンと下がりました・・・それとも梶ちゃんみたいな感じなのでしょうか??
    ラロの策略に戻って、以前ロバートKに増援を送らせるつもりでは、とコメント頂きましたが、これは結構ありそうだと思います。上手くいけばラロの正体を知らせずにすむかもしれないし、ショウドテイパーに送り込めばラロの経験値稼ぎに使ったり貘さんが王になるのを妨害させたり、結構便利そうですよね。
    ちなみに他に妄想してみたのでは、

    ・ロバートKに、「言うこと聞かないとミサイル落とすぞ」もしくは「島の秘密世界中にバラすぞ」等と島の外から運営に対して脅しをかけさせ運営をラロの都合のいいように操る

    ・ラロが皇帝になれなかった時の救助を用意させておく

    って感じで私の脳味噌は限界でしたがないですね(●-∀-●;)ゞ

    後、今週号最初のシーンで、今日(の明け方?)帰国予定のプレイヤーリストにロバートKの他に、ラロ達が経験値を稼ぎまくった合戦を手配したパンパンというプレイヤーもいるのが気になります。これからのラロの策略にも関与してそう・・・後ラロに四つん這いで跪いてる人影は誰なんでしょう・・・?パンパンかな、運営の誰かかな??

    そして忘れる所だった、ロバート付きの拾壱號立会人銅寺春明登場!!

    最初黒塗りで登場したときからモソモソしてましたが、すごいモッサリしてますね。正規ルートで島に入った立会人っぽいですが、HNは何にしたのでしょう・・・帰国予定のプレイヤーリストにはあらかさまにそれっぽいのは見当たりませんでしたが、順番が申し込み順ならふぉーすでしょうか??
    後、彼は天井と配管の隙間をカサカサ動くのが得意みたいですがどのくらい強いんだろう。亜面さんが彼一人にロバートの軟禁を命ずるくらいだし、號数に見合うだけの実力は期待していいのかな。後亜面立会人は誰にも付かないみたいですね。頭良さそうだし、総合指揮みたいな感じでしょうか・・・?

    ただ、最後ロバートと一緒に帰国する様に言われた銅寺立会人が、ロバートKが運営に連れて行かれたので奪還するか、と聞いているのですが ここちょっと分からなかったです。
    おそらく昨日の夜から診療所で手当てを受けてたロバートを銅寺立会人が見張ってて、今日の朝帰国用の船が出港する前、プロトポロスの運営スタッフっぽい人達がロバートKをどこかに連れて行ったっぽいのですが、ロバートKは帰国するんじゃなかったんでしょうか?
    一応、帰国はするつもりなんだけど その前に運営に雇われてもいいぜ、等と言い帰国しないフリをする等してロバートを島から追放したい賭郎ロバートをコーディネーターとして欲しい運営とを対立させ、潰すつもりなのかなーとか考えてみましたが、アオリ通り来週早速銅寺立会人の暴が炸裂するのでしょうか??

    あと思った以上にダメージ受けてたのか医者(?)が大げさなのか顔を隠したいのか、ミイラ男になったロバートKが診療所らしき所にいたのですが、診療所は見た感じそんなに凄い設備ではなさそうなのですが こんな所で伽羅さんの頚動脈縫合手術はできるんでしょうか??というか伽羅さんは助かるんでしょうかっっ。+゚(ノД`)゚+。
    ベロニカさえ倒してしまえば貘さんにはまだマルコがいるし、暴を失った運営に圧力かけてなんとでもなると思うのですが・・・
    アオリは伽羅さんについてまったく触れてませんが まさか来週伽羅さんこのまま放置なんてことはありませんよね!?早く私を楽にしてくれー。゚ヽ(o゚´д`゚o)ノ゚。

    最後に、一応3-10の大穴チケットの持ち主であるパチャンガが見当たらないのは、やはりあの顔面で貘さんの後ろにチラつかれると緊張感が薄れるという事なのでしょうか・・・
     でも私的にはここのトラボルタ破壊力も中々の物だったのですが・・・(。-艸-。)


    ってな感じで、今週はここらへんで、再び梶ちゃんが伽羅さんにドつかれる日が来ると信じて、次回へっ!!

    拍手[18回]

    PR

    拍手&コメントありがとうございました!!
    >いいいい様
    チェック遅れてすみません;;
    本当に嘘喰いは魅力的でまた会いたいキャラが多いですよね^^
    プロトポロス編で出てくるのには無理がある人達も、屋形越えの時には来てくれるといいなーと思ってます。
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [40]  [39]  [36]  [35]  [33]  [34]  [32]  [31]  [30]  [27]  [29


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]