忍者ブログ
マルコを愛でつつ漫画「嘘喰い」の感想等書いていきます。 感想というか考察メモみたいな感じでかなりネタバレ含みますので漫画未読の方は要注意です。 週刊の方の感想→多分毎週末更新、単行本感想→不定期更新です。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    嘘喰い 第352話 -獣狩り- 感想

    嘘喰い関係ないですが、先日ビンゴ大会でペンタブなる物を当てまして、さっそく使ってみたら 最初は手元を見ずに何かを描く、というのが予想以上に難しくて手間取ったものの、慣れてくると結構楽しくてお絵かきにはまりつつあります(。-艸-。)

    それはさておき今週の嘘喰いは大好きな伽羅さんがピンチパチャンガも出てこなかったのにやたらワクワクして面白くて、不安だわ楽しいわで自分の感情がよく分からなくなってきました<(´゚∀゚`;)>

    それでは嘘喰い 第352話 -獣狩り- 感想 行きまーすε=ヾ(●´Д`)ノ






    円堂の言ったとおり、伽羅さんvsベロニカという展開になりましたが まずはペルペスの恐怖回想から、1ページ目イキナリ頭皮の様な物が落ちていてペルペスがゲロってるのですが、「あれが牛や豚のものだったら私の心はどれほど救われただろう」というナレーションが流れているのに、「え、これ人?イノシシとかじゃなくの!?」としばらく見つめてしまいました。。。落ち着いて見てみると人の後頭部からうなじにかけての頭皮っぽいですね。

    というかペルペス、思ってたほど悪いやつでもなかったです。
    実は娘と引き離されていて、それなりに心を痛めていたみたいだし、今回伽羅さんにベロニカをあてる事になったのに対しても少し罪悪感を感じているみたいで、要するにペルペスはいざという時には自身の保身を優先してしまうけど、良心を全て捨てきる事は出来ずに後々後ろめたい思いをするどこにでもいる平均的な人なのだと思います。ゲスいだのざまぁだの言っててごめん(・´ω・`)ゞ

    そして今回のvsシングルタスクですが、デスマッチ殺しありきという事でアンタッチャブルラインとかと違って(花ちゃん梶ちゃんチャンプが覗き見してますが)貘さんら当事者以外には非公開なのですが、脱線しますがこれは運営の方針としては死人が出るところをプレイヤーに見せるのは避けたい=アンタッチャブルラインでも、ああああ等が調節したりしてゲーム中に死人は出ないようにしていた、と考えられるのでは・・・とか思いました。

    アンタッチャブルライン後の回想で、実はロバートKの蹴りに顎を外されていた伽羅さんは、「奴の強さは立会人級だった それも上の方だ・・・」高評価、それに対して貘さんは「強かった・・・?つまりダメージ残ってるって言いたいんだ? だったら連戦は辛いよね このバトルやめてもいいよ?」と返しますが、これは伽羅さんを気遣ったのではなく、伽羅さんの言うとおり煽ってるのでしょうね。
    お腹を撃たれた伽羅さん賭郎の黒服掃除させたり北斗の拳ごっこに付き合せたり、今回もジョンリョのストーカーで憔悴した伽羅さんに、いきなり重労働させたりと今更「連戦は辛いよね」も何もないのに、流石小悪魔貘さんヾ(〃v〃)ノ
    「やめてもいいよ?」とか言ってるけど、ペルペスからの申し入れはもう受けちゃってたりして(。-艸-。)

    後、貘さんは「ここがターニングポイント」
    「この勝負は俺の中でこの後王になれるかどうかの重要な戦い」
    「俺は今回の戦い全てをあんたに賭けてる」と言ってますが、「今回の戦い全て」というのは今まで稼いだビオスのことで、負ければ闘技場の使えなくなった今、一からまたこれだけ稼ぐのはキツイので「この後王になれるか~」だと思うのですが、それなら こんな割に合わない勝負はせずに、ペルペスがビオス持ってなかろうが運営に抗議してぶんどれば良かったと思うのですが、そうしなかった理由として、ここで運営最強の暴を潰して力の差を見せ付けておく事で、今後運営が貘さんに舐めた態度を取れないようにする作戦なのかな・・・とか考えてみました。

    「俺があんたを呼んだ理由は勝ち続ける男って事意外に・・・何も無い」
    とか言って、貘さん伽羅さんにものすごいプレッシャーかけてますが、「勝ち続ける」って富士での敗北貘さんの傍にいなかったからという事でノーカンと勝手に解釈していいのかな。
    それはともかく ここのお互い背中を向けて立つ2人に、そして2人の間の距離に、たしかに敗北してなお馴れ合うのはこの2人らしくないけど、本当に負けたらそれでお別れなんだなぁ(´;ω;`)と感じさせられました。
    そして前回の「伽羅さん 勝ってくれなきゃ困るな~俺」に続くのですね。本当、伽羅さん負けないでくれ~(´;ω;`)

    あと、伽羅さんの顎はめ直したり上目遣いからの目細めるのとかすっごいツボなんですがヾ(*自粛*)ノ ここ見た感じでは、彼がやられるところなんて想像もつかなかったんですけどね・・・


    そして今回の目玉ベロニカのキャラデザが素敵すぎますっ!!
    個人的にすごい好みですヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ
     
    最初めちゃくちゃ怪しい登場をして、目だけ覗かせて「おまえは知っているか?知っているな?人の味を」のシーンで既に 何このベロニカ超怪しいっ!!ヾ(*゚∀゚*)ノとテンション上がりまくりでしたが、先週まではゴリラの様な大男を想像してたのに、まさかのヴァレンタイン大統領最終形態の様なメローネの様な闘牛士の様なスタイリッシュなベロニカでテンションMAXになりました!!
     目元の傷が仮面みたいでカッコいいですが、両目が焼けているというのが、伽羅さんLv.2みたいで恐いです(´Д`ι) まあ伽羅さんが最強って信じてますけどね!!

     ベロニカが伽羅さんの殺気に、自分がサーベルで刺される幻覚を見て後ろに下がったっぽい描写がありますが、その後両者一気に距離をつめ、ベロニカは伽羅さんの蹴りをかわすどころか闘牛で使うというムレータみたいなやつで動きを封じてしまい、最後は最初の幻覚通りムレータ的なのに包まれた伽羅さんをエスパーダしてしまいす。エスパーがエスパーダ!
    これは、最初にベロニカが見たのは自分が伽羅さんをやるイメージで、ベロニカがビビって引いたと勘違いして突っ込んでいった伽羅さんは牛のごとく操られていたって事なのでしょうか??(´゚д゚`;)

    伽羅さんはムレータっぽいのに隠れて見えませんが、サーベル抜かれたときに結構出血してます・・・vsロバートKで門倉さんが「転ばせる・・・?あの・・・伽羅を」とか言ってましたが、転ばせるどころか大量出血させてるベロニカやばすぎるっ!! そしてピンチなのに何故こんなにワクワクするのでしょうか((o(´∀`)o)) 

    まあピンチといっても、中立地帯班長の円堂が
    「必ず」「この人物が勝つという考え方は嫌いだ 勝負に絶対はない・・・」
    「ベロニカが負ければ 支払う額は92万4千Biosにはね上がる」
    「だが 今回それを考える必要はなさそうだ」とかベロニカに負けフラグ立ててくれたし、ベロニカも「いいぞ 獣は手負いになってこそ獣だ」とか伽羅さんはまだまだこれからみたいに言ってるし、今週話の構成はムレータに隠れたベロニカエスパーダされる幻覚伽羅さんがエスパーダされるムレータに隠れた伽羅さん次回へって感じだったので、来週は伽羅さんのターンなんじゃないでしょうか?

    後、過去の回想でオフプロが始まってすぐ漂流した漁師に扮した謎の男達がやってきて、運営がベロニカに始末させたらベロニカが凶暴化したトラを殺して愉しむ為のトラの餌にされた、とありベロニカの異常っぷりもすごいですが、それよりも開始早々おそらく小規模に日本人のみの需要でやってる秘密の島プロトポロスを嗅ぎつけた謎の男達のバックが気になりました。ラロ関連で今後出てきたりしないかな(。-艸-。)

    それからさっき気づいたのですが、先週号で運営のアズラ班テイパーはヤバそうなプレイヤーがいると慌ててましたが、ヰ近立会人初登場の331話のラスト「この日似たような出来事が他の国の奴隷宿でも起きていたんだ」で奴隷宿が2個出てきたので3国全ての奴隷宿で何か起きていたのだと思っていたのですが、よく見ると2つの奴隷宿の内1つ(上の)テイパーの物でした。なのでショウドでは何も起きてないのかもしれませんね。
     
     ↑ 多分上:テイパー奴隷宿と下:アズラ奴隷宿(331話)
     
     ↑ テイパー奴隷宿(329話)

    でもそうすると本当にハルの行方が分かりませんね・・・完全に空気化してますが そろそろ出てこないかな。後ちゃんみだにも会いたいです。やはりハルにはちゃんみだが付いてるのでしょうか??


    では今週はここらへんで、次回へ!

    拍手[12回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [39]  [36]  [35]  [33]  [34]  [32]  [31]  [30]  [27]  [29]  [28


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]